2016年1月20日

HERO 劇場版(2015年)


2015年公開の映画「HERO 劇場版(2015年)」のDVDを見た。





HERO 劇場版(2015年)


HERO 劇場版(2015年)

「北川景子」


HERO 劇場版(2015年)

「松重豊」


HERO 劇場版(2015年)

「新井浩文」




HEROのシリーズはずっと楽しんで見てきたのだけれど、どんな名作も作を重ねる毎に何かが変わっていき それが良い方向に作用するのであれば良いのだけれど そうではないケースも少なく無い。


で、ハッキリ言わせて貰えば この映画はTVドラマのSP版であれば文句は無いが 劇場版で鑑賞料をとるモノである以上クソと評価するほか無い。


というわけで、通常であればここで記事は終了なのだが 少しだけ私見を記しておくと...


先週来、解散だなんだと報じられているJ系の5人組グループなんだけど タイミングが良いのか悪いのか 数日前の番組でわざわざ生放送と称して放送された弁明(?)をたまたま見ていて 私個人としてはそのグループが解散しようが存続しようがどうでもいい事なのでそれに関する私見は述べずにおくけれども ひとつだけ、その放送のキムタクを見ていて


「これ、キムタク本人が自分の言葉を喋っているのか?」


と、疑問を感じたのだ。


あ、誤解の無いように重ねて明記しておくけれども そのグループが解散しようがしまいが 裏にどんな事情があるのか?...なんて事に私は興味が無い。


私が疑問を感じたのは 喋る言葉の内容がどうこうではなく、喋っているキムタクが本人の本心で語っているのではなく、キムタクというキャラクターを役として演じ与えられた台詞を喋っている様に見えた...という事。


それと同時に、「このキャラクター 何かで見たなぁ...」と強く感じた事。


それが、ほんの数日後にこの映画版HERO(2015年)のDVDを見て


HERO 劇場版(2015年)


「あぁ、あの時のキムタクってHEROの久利生じゃん」


と、認識したわけだ。


「だから、何?」と問われれば話はそれまでなんだけどね...


コメントする

『HERO』関連の記事