2013年10月12日

謝罪の王様


映画「謝罪の王様」を見てきた。



【※注:この記事の画像は番宣番組のものです】


謝罪の王様


「あまちゃん」ですっかり評価が上がった宮藤官九郎の脚本なので どんなものかと見てきたわけだが…


謝罪の王様


一番印象に残ったのは井上真央のレオタード姿で 彼女の胸板ってこんなだったかなぁ… と。


謝罪の王様

謝罪の王様


「尾野真千子」や


謝罪の王様


「竹野内豊」


謝罪の王様


そして「松雪泰子」といったところが本来持ち合わせているコメディアン(コメディエンヌ)的要素を巧く引き出してるなぁ…と楽しめたが、中盤以降(マンタン王国がらみ)は なんか、やり過ぎというか 別物要素が強く、全体を通して楽しめたか?と問われれば否だ。


また、ちょっとだけ気になった点を率直に述べると「あまちゃん」は大傑作だったので 仕方が無いと言えばそれまでなんだけど、「あまちゃん」以前と以後では「宮藤官九郎」が良い意味では広く認知されて人気や評価も上がったが そのぶん、天狗になってるというか、調子づいている様な発言や態度がトーク番組などで散見し気になっている。

コメントする

『井上真央』関連の記事