2013年8月 5日

さよならドビュッシー


映画「さよならドビュッシー」のDVDを入手したので見た。



さよならドビュッシー


映画化の話が表面化するよりも前に原作を読んでしまっていたので どうしても原作を読んだ時の感想が DVDを見てる間つきまとってしまっていた。


…と記したら勘のいい人はお気づきだと思うが 私は「さよならドビュッシー」の原作は第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作なんだけど 肝心要の部分がわりと早めに看過出来てしまいクソだと感じていた。


さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー


なので、映画化と聞いても「橋本愛」が主役じゃなかったら積極的に見る事も無かったと思う


で、映画を見た感想はと言えば…


さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー


ラストの演奏シーンの中にある回想シーンを見ていたら なんか、ウチの二人の娘の姿がかぶって 何とも言えない気持ちになった。


この「何とも言えない気持ち」というのは決して悪いモノでは無く、むしろ懐かしいような…


原作では殆ど味わえなかったこの回想シーンがあるだけ、ミステリーとしては同じ様にクソだけど ストーリー的には悪くない映画だなと感じた。


さよならドビュッシー


それと…


さよならドビュッシー

さよならドビュッシー


「相楽樹」が やはり気になった。

コメントする

『橋本愛』関連の記事