2013年6月21日

またも辞めたか亭主殿


BS系で前後編2回に分けて放送されたドラマ「またも辞めたか亭主殿」を見た。



またも辞めたか亭主殿


またも辞めたか亭主殿

「岸谷五朗」


またも辞めたか亭主殿

「松重豊」


またも辞めたか亭主殿

「西原亜希」




「龍馬伝」と「八重の桜」 二つの大河ドラマの影響もあってか、幕末、明治維新という歴史の転換期に興味を惹かれた人が多いらしい。


近代日本史を手抜きで教える学校教育のお陰とか その頃、活躍したり暗躍した人の末裔が現存していたりなので 歴史の後から付け加えられた尾ひれとか、表沙汰に出来る内容では無いと秘匿されてしまった真実などで 何が本当で、何がフィクションか曖昧になっている事も多い


「龍馬伝」では主に薩長側の視点で人物像が描かれ 「八重の桜」では幕府・会津側の視点で人物像が描かれ その最たる結果が西郷隆盛という人物像の描かれ方に相極が垣間見え 一つの時代の解釈に相対する側のそれぞれの視点で同じ人物でも別人に描かれてしまう歴史の妙は その人自身にとっては迷惑な話かもしれないが、とても面白かったりするんだな


で、この時代の幕府側の人物としては「勝海舟」が代表格であり、歴史小説を読んだ事の無い人でも名前ぐらいは知っているが「小栗上野介」の名前を知っている人は圧倒的に少ない


けどね、この時代の歴史小説を読むと「小栗上野介」とは 時に「勝海舟」よりも幕府内では重要なキーマンだった事が判る。


そして、「勝海舟」は維新後も天寿を全うするまで生存したのに比べ「小栗上野介」は隠遁していた地まで押し掛けられ斬首されている… その違いに個人的にはもの凄く興味を惹かれているのだが、「小栗上野介」については多くが語られておらず謎の部分が多いんだよね

コメントする

『岸谷五朗』関連の記事