2009年2月26日

エンマ enma


2007年公開の映画「エンマ enma」のDVDを見た。



エンマ enma


エンマ enma

エンマ enma

エンマ enma

目覚めてみたら 突然、何処かは判らないけど、一見、病室風の部屋に6人の男女がいた。


何故、その6人はその部屋に連れてこられたのか? 誰が? 目的は?


そのうち、一人 また一人と奇っ怪な死を遂げる…


エンマ enma

主人公は「塚本高史」


エンマ enma

6人のうち たった一人の女子「近野成美」


エンマ enmaエンマ enma

エンマ enmaエンマ enma


エンマ enma




「塚本高史」ヒャッホイにとって楽しめる一本ではある。


が、「近野成美」ヒャッホイの私には 久しぶりに「近野成美」が楽しめる一本でもある。


パッと最初に見た時は「SAW」の様なシチュエーション・ホラーかと思ったが、この映画をホラーのカテゴリーに入れるのは 私としては疑問を抱く。


雰囲気的には かつて見た映像の中では新垣結衣が主演の『Sh15uya』に近いかな


一回見ただけでは 全体を完全に把握するのは難しいかもしれない


かと言って、私は3回見たけど把握出来ていない。^^;


むしろ、一生理解する事は出来ないのかもしれない。

コメント(2)

ご存じだと思いますが...

「近野成美」と言えば、TVゲームWiiの「428」というゲームのヒロインとして出演していますね。
本編はサウンドノベルというゲームの性質上主に写真での出演ですが、初回特典のDVDでは
メイキングとして、「動いて喋る」シーンも見ることができます。
はじめは写真だけの構成のゲームかと思ったら、役者さんはちゃんと演技をして台詞も喋って
いたんですね。
それを繋げて映画として出してくれればいいのに。。。なんて思いました。

★ sonden さん

へぇ… それは知りませんでした。

コメントする

『近野成美』関連の記事