« ごめんね青春! 第8回 | TOPページへ | 新垣結衣 KOSE CM »

2014年12月02日

● 菅原文太さん 永遠に


名優「菅原文太」まで逝ってしまった。




先日、「高倉健」が亡くなり 今度は「菅原文太」の訃報が飛び込んでくるとは…


菅原文太


北海道が いつ雪景色になっても不思議じゃ無いぐらい冷え込んでいる昨日今日にあって 私の心の中は外気温よりも冷え込んでいる。


TVでは昨夜から


菅原文太


「菅原文太」の訃報を放送し、ドラマ「北の国から」の「誠意って何かね?」と


菅原文太

菅原文太


「仁義なき戦い」シリーズと


菅原文太

菅原文太


「トラック野郎」シリーズが流されていたが…


たしかに、それらはオンタイムでTVや映画館で見て思い出深い作品なんだけど、私としては「菅原文太」と聞いて 真っ先に思い浮かぶのは


菅原文太

菅原文太

菅原文太


映画「わたしのグランパ」なんだよね


 ●参考記事『わたしのグランパ 再考


上記リンク記事の中で私は


菅原文太が演じて見せてくれたジジィ像に 私は物凄く憧れる。

「こんな爺ぃに なりてぇ~」と。


と、記したのだが その気持ちは今でも変わっていない。


って言うか、この記事を記して掲示した当時は まだ我が家の娘達は出産はおろか、結婚すらしていなかったのだが、今では双方が結婚していて それぞれ第一子(つまり、私の孫)が女の子


あらためて考えてみるに あと数年で「私のグランパ」的状態に私はなるんだなと思うと 我がジジィ道をさらに磨いておかねばと気合いが入る。


思うに、「仁義なき戦い」や「北の国から」のシリーズは 私にとってバイブルとも言うべき別格的傑作ではあるが、今思えば それらの「菅原文太」も充分に良いんだけど、私は菅原文太の若い頃よりも 近年の老人役を演じている菅原文太に憧れが強いんだ


たとえば、


菅原文太

菅原文太

映画「バッテリ-」とか


 ●参考記事『バッテリー


菅原文太

菅原文太

映画「4TEEN」での菅原文太が演じた老人


 ●参考記事『4TEEN


ゆえに、これからもいろんな映画やドラマで 私にとって理想となるべきジジィ像を見せて指針となってくれる事を期待していただけに 訃報はショックで堪らない。


菅原文太

菅原文太

菅原文太

菅原文太

菅原文太

菅原文太


心から哀悼の意を表します。




余談だが、この記事をまとめるにあたり 出演履歴を調べていたところ1982年に「幸福の黄色いハンカチ」のドラマ版ってのに主役で出演していたんだね


それに関して私は今日まで全く知らずにいただけに 是非、見てぇ~と強く思ったのだが、とある番組の中で


菅原文太

菅原文太

菅原文太

菅原文太


短いながらも放送シーンを紹介してくれて おそらくは映画版で桃井かおりが演じていた女性を田中好子が演じているのか…と、思えば 尚更「見てぇ」と思いが募った。


でも、


菅原文太

菅原文太


映画では倍賞千恵子が演じた待っている女房役をピン子が演じているのかと判った瞬間、それまで盛り上がっていた私の気持ちは いつ雪が降っても不思議では無いぐらいの札幌の外気温よりも冷めた。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『役者・タレント』関連の記事

コメント

いつも楽しませてもらっています。
「わたしのグランパ」がTVで放送されていたのを見ました。
確かにあんな爺さんになれたらと憧れますね(^-^)

★ 寺西康年 さん

ええ、あこがれました。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。