« 科捜研の女 年末スペシャル | TOPページへ | 軍師官兵衛 最終回 »

2014年12月22日

● ごめんね青春! 最終回


ドラマ「ごめんね青春!」最終回を見た。




ごめんね青春!


ごめんね青春!

「満島ひかり」


ごめんね青春!

「中村静香」


ごめんね青春!

「波瑠」


ごめんね青春!

「黒島結菜」




最終回まで見通したので総論的感想を記しておくと…


今クールで最も面白いドラマはこの「ごめんね青春!」だった。


脚本は出来が両極端の宮藤官九郎の良い方だったし、キャスティングも個人的に嫌な存在が無く、変に社会問題や難病をアイテム利用する事無く 単純に楽しめる構成で文句など無かった。


で、それに個人感を付け加えさせてもらうと


ごめんね青春!

ごめんね青春!

ごめんね青春!

ごめんね青春!


「風間杜夫」と「平田満」の掛け合いツーショット


これを「映画・蒲田行進曲」の再来だと喜んだオールドファンも少なく無かったそうだが、私に言わせれば つかこうへいの舞台『熱海殺人事件』で部長刑事・木村伝兵衛(風間杜夫)と新任刑事・熊田留吉(平田満)の再来で ここに故・「三浦洋一」が絡む姿が妄想で浮かび泣きそうになった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『中村静香』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。