« 東京にオリンピックを呼んだ男 | TOPページへ | 渡り鳥と月 »

2014年10月14日

● 信長協奏曲 第1回


新ドラマ「信長協奏曲」 第1回を見た。




HERO

第一話という事で 顔見せと導入部と考えれば真剣に感想を語る段階では無いのであろう


歴史物のストーリーとして考えれば いくつかの点で冒頭早々「おいおい」と突っ込みたいところが沢山あるが まぁ、真剣な歴史物では無いので文句を言うつもりは無い。


HERO

「小栗旬」


HERO

「山田孝之」


HERO

「夏帆」


「小栗旬」はさておき、山田孝之に夏帆、そして柴咲コウなんてキャスティングとくれば ムカイリの池田恒興は田中幸太朗で「前田利家」あたりの設定でやってくれれば 個人的には別な楽しみ方が出来るのに


HERO

「新井浩文」の斎藤義龍は ちと意表を突かれた感があるが及第だが、それ以上に


HERO

「柳楽優弥」の「織田信行」は このドラマの第一話を見て「あれ? もしかして面白くなるのか?」と感じさせるぐらいにスパイスの利いたいい仕事だったと高く評価したい。


また、エンドクレジットに「森岡龍」の名前を見つけたので 何度か録画を見直して探したのだが


HERO

上の画の青年がそうなのか? ちと自信が無い。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小栗旬』関連の記事

コメント

最後のキャプは確かに森岡龍です。

今クールは ブタネコさんが語れそうなドラマがいくつかあるようなので、楽しみです。

★ 虎馬 さん

そうですか、正解でしたか

最近の森岡龍って 出演作それぞれでイメージが違うのと わりとチョイが多いので 
探す難易度がとても高いんですよね。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。