« ペテロの葬列 第7回 | TOPページへ | アレルヤ »

2014年08月19日

● HERO 第6回


ドラマ「HERO」 第6回を見た。




HERO


HERO


「北川景子」


HERO


「松重豊」


HERO


「小日向文世」




前回のHEROの感想記事にて


たしかにHEROなんだけど なんか微妙な違和感が拭えずにいる。


と記したのだが、その理由の一つが 前シーズンやSP版での展開の細かい部分での使い回しが多い事。


例えば今回の場合、


HERO


携帯の写真画像に偶然犯人が…って これ映画版にもあったよね?


そう、今回の第2シリーズって各話のどこかに細かいんだけど使い回しっぽいのが散りばめられているんだな


これは「踊る大捜査線」のシリーズにも見受けられた手法なのかもしれないが、「踊る大捜査線」にはその細かいリンクには明確な意味が受け止められたけど、このHEROでは ただの使い回しにしか受け止められず それが私には違和感となっているんだな
 

HERO


ゲストに「渋川清彦」が出演していたのは評価するけどね。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『HERO』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。