« 奇跡の教室 ~その時、仏が舞い降りた! | TOPページへ | 飛行船(6月25日) »

2014年06月29日

● 海街diary


ずいぶん前に漫画「海街diary」一~五巻まで読んではいたのだが…




海街diary


映画化という報せを耳にしたので記しておこうと思う。


で、まずもって言い訳をしておくと…


あくまでも個人感だが この漫画「海街diary」はとても面白い、というか良書だと私は思っている。


まぁ、しつこいようだが、あくまでも個人感 というか、個人的斜め目線でではあるが この「海街diary」のストーリー内にはいくつかの病気や患者 それにまつわる家族や医療関係者が登場しいろんな見解を示すのだが それのどれもこれもが素晴らしく説得力を感じており、出るのか否かは判らないが第六巻以降の続刊が きっと登場すると信じ心待ちにしていたからなのだ。



さて…


もうひとつ重要な私の個人感を記しておくと 「海街diary」の第一巻「蝉時雨のやむ頃」のわりと最初の方に


海街diary


とか、


海街diary


というカットがある。


たぶん、このマンガを読んだ人の殆どには目にもとまらない情景描写だったはずなのだが、ひねくれた私には このカットで描かれている駅舎が


海街diary

海街diary

海街diary


実在する私にとっての聖地に似ていると感じたんだ。


まぁ、この件に関しては私の思い込みだとか、慢性のセカチュー症候群による発作だとかと笑って頂いて結構なのだが、上のカットの少し後に四姉妹の長女が四女に見せた「思いやり」と「台詞」は 物語の導入部として素晴らしすぎて 私にとっての聖地がモデルになっていて欲しいと願う気持ちが強すぎるとも言える。


でね、


海街diary

海街diary


先日、めざましTVで上の画のように報じているのを目にし その日のスポーツ紙を全部入手して目を通しもした。


  長女=綾瀬はるか

  次女=長澤まさみ

  三女=夏帆

  四女=広瀬すず


というキャスティングで映画化だそうな


私はサンケイスポーツの見出しのような「理想的な四姉妹」だとは思わないが、けっして悪いキャスティングでは無いと思う


慢性のセカチュー症候群である私には もしかしたら効果的な点滴になりそうな気もするんだな


ただひとつ個人感としての難点を挙げるならば 監督は是枝裕和だとけっして出来の悪い映画では無いだろうけど、彼特有の暗い映画になりそうで気がかり、願わくば岩井俊二抜きの長澤雅彦で見たかったなぁ…と。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『漫画』関連の記事

コメント

無人駅の絵にドッキリ!


夏。

木造の駅舎とその軒。

ホームの左側に佇むふたり。

ホームから吹き抜けて見える駅舎玄関方面。

駅舎のバックの針葉樹。


これで月崎を連想しなければ嘘です。


それに 『真昼の月』の表紙は

亜紀と智世がトレーニングしてたお寺の階段を想い出します。

★ 虎馬 さん

ね? セカチュー症候群なら 風吹いちゃうでしょ?^^


ブタネコさん、こんにちは^^

最新刊第6巻は、7月10日発売ですよ^^
楽しみです。
すずがかなり大人びていました。

ご指摘の風景は、ブタネコさんの御推測が当たっている可能性は高いと思います。
作者の吉田秋生さんは、この作品の鎌倉の景色については、その場の風景を(おそらく写真を基にして)ほぼ忠実に再現していらっしゃるんです。

私は昔、(今では『海街Diary』のスピンオフになってしまった)『ラヴァーズ・キス』を読んだ後に、鎌倉に行ったことがありました。
その時、稲村ヶ崎駅に降り立って、漫画の中の風景と全く同じだったことに衝撃を受け感動したことがあります。
この作品の中にもその時立ち寄った鎌倉のいろいろな場所が再現してあり、読み返すたびに思い出しています。

というわけで、ご提示されている画像との整合性を考えると、その通り!と言ってもいいかも^^
どこかにそういうインタビューがあったらいいのですが・・・。
(私はそういうのを探すのも好きです。)

実写映画化とそのキャスティングにはびっくりしました。
最初は違和感を感じましたが、じわじわと楽しみになってきています。

あ、書き忘れたんですが。

私も長澤監督で見てみたいですね~。
(もちろん抜きで^^;)

★ slan さん

>最新刊第6巻は、7月10日発売ですよ^^

ええ、楽しみですね。^^


>推測が当たっている可能性は高いと思います。

上総鶴舞をはじめ 聖地の沿線には似たような駅舎がいくつかあり、それらの方が可能性が
高いと実は私自身は感じています

でも、そんな似た駅舎を見るだけで私は発作が生じます。^^;

>長澤監督で見てみたいですね~。

綾瀬はるか、長澤まさみ どちらもセカチュー以降の出演作の演出家に恵まれてませんからね


おはようございます。


勝手に画像を拝借し 記事を書いてしまいました。


よろしければご覧になってください。

★ 虎馬 さん

見たよ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。