« 弱くても勝てます 第2回 | TOPページへ | ちーちゃんは悠久の向こう »

2014年04月20日

● 陽だまりの彼女


映画「陽だまりの彼女」のDVDを入手したので見た。




陽だまりの彼女


陽だまりの彼女

「上野樹里」


陽だまりの彼女

「谷村美月」


陽だまりの彼女

「玉山鉄二」


陽だまりの彼女

「西田尚美」


エンドロールを眺めていて 初めて「平田薫」が出演していたのを知り、出演場面を探した結果が


陽だまりの彼女


さて…


この映画の原作を私は未読なので あくまでも先入観だったのだが、この映画の予告を何かの映画を見に行った際に劇場で見たのか、TVで番宣CMを見ていたのか いずれだったのか定かでは無いが、とにかく私はその時に


「あぁ、この子(上野樹里が演じている女の子)はきっと幽霊なんだな」


と思い込んでいた。


ゆえに、今回DVDで初めて見て


「ほぅ、そういう事だったのか」


と、ちょっと意表を突かれたが 全体的なストーリーにおける説得力は「なんだかな」と。


「江ノ島」「湘南」「山下達郎」という組み合わせは年代的に懐かしく、青春映画のひとつの王道という受け止め方は出来るものの やっぱり、見終えた感想は「なんだかな」の域から出なかった。


陽だまりの彼女

陽だまりの彼女


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『谷村美月』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。