« 中学生円山 | TOPページへ | 新垣結衣 十六茶 CM »

2014年02月06日

● 雑感(2月6日)


ここ数日、ゴーストライターによる作曲問題がワイドショーを賑わせている。




詳細をすべて把握しているわけでは無いので迂闊に物を言うつもりは無いが、あまり私の思う様な事をTV等で述べる人が少ないので 好き勝手に呟いておこうと思うのだが…


ゴースト作が良いか悪いか、という根本の事など 実は私は興味が無い。


まず、この問題で私が一番興味があるのは 今回の様にゴースト作だとバレる前までの間、当該人物が作曲したとされる曲を絶賛していた人達は 今回の件でどの様に意見を変えたのか?である。


少なくとも私の知る限りの範疇で絶賛していた人達の殆どは「代作と事前に知っていれば話は別」と応えている。


そこで私がさらに不思議に思うのは「事前に代作と判っている」のと「判っていなかった」のとでは 曲の善し悪しの評価は変わるのか?って事。


音楽がらみの連中って自分たちの事をアーティストとか芸術家を気取っている連中が多いんだけど 芸術家とかアーティストって曲その物だけで善し悪しを判断しないの? 


例えば、作曲者や演奏家が障害者か否かで 評価にプラスマイナスが生じるものなの?


まぁ、今回の件がそもそもの詐欺行為だから…という言い訳は判らなくも無いが、穿った見方をすれば 家柄とか、金持ちか否かとか、@@に留学経験が、とか @@先生に師事してとか、そういう背景まで やはり評価にプラスマイナスが生じてたんだな芸術家って

…と、裏付けられた様な気さえ私は抱くのだ。


それと、もうひとつ


フィギュアスケートの選手が 今度のソチ・オリンピックで問題になっている曲の一つをプログラムで使用するそうな


告発者によるとそれを懸念した事が告発の理由のひとつだと言ってるそうな


ならば、何故 今このタイミングなのか?


例えば、オリンピックが終わるまで待ってやれば良いじゃねぇか…と 私は思う。


こんな土壇場で曲を変えるって事は これまで練習を重ねてきたプログラムが変わるわけで、それが選手の心理面や成績に悪影響こそあっても良い事なんかひとつも無い


同様に メディアにとってもこれは格好のネタなわけで


「高橋選手どうするんでしょうね?」


「がんばってくれることを期待しています」


そんな薄っぺらなコメントで誤魔化すぐらいなら 高橋選手への取材や報道そのものを競技が終わるまで触れずにそっとしておいてやれよ それが一番の応援じゃないの? と。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2014年)』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
ご無沙汰しています、今日は一面真っ白、まだまだ降り積もるようで近所の子供が興奮してにぎやかです。さてこの芸術の問題、丁度オリンピックなのでいろいろ考えるところが有ります。選手にとって大問題の評価の問題です。まずジャンプ、飛形点と言うのがあります、これ100M走で走りの形が悪いので+0.1秒、マラソンで走りの形が良いのでー2分というようなものです。フィギュアーでも技術点に加えて芸術点というのが有ります。この審判の主観に基ずく採点は不正の温床となります。半島のある選手はジャンプに失敗しようが高得点が得られます。芸術的に優れているとの事が理由だそうです。体操競技のように回転に難度を当てはめてE難度を何個、D難度何個入れれば基準点がいくらというように、客観的な評価基準を作るべきなのです。芸術点なぞジャンプに失敗すれば芸術もくそも無いですから、そんなものいりません。今朝のニュースで言っていましたが、複合ジャンプという競技で日本人がジャンプに得意なのでジャンプの採点の比率を下げるような卑怯なことが行われた.様です、僕はレイシストでは有りませんが白人は汚い。日本人はそれにも負けずもくもくと対策をたてて順応しているようです。さて話が変な方向に行きましたが、要は作曲家を変更すれば良いだけの様な気がします、ブタネコさんの言われるように曲自体には何ら変わりは無いのですから。

★ ボース さん

私は昔から「芸術」を愛でるのと 芸術家とか評論家とかいう連中の語る芸術とのギャップに不快感を抱いているのです。

仰る通り、スポーツと言いながらも「芸術点」と称する採点競技の判定にも不信感は拭えた事がありません

ゆえに今回の様な事が起きると 芸術家とか評論家とかいう連中の語る芸術がいかにいい加減なものだなのかを如実にするいい機会であり、いい加減さが明白になった奴は断罪に処すべきと思うんですよ

評論家は芸術家になれなかった成れの果てと思ってるのでどうでもいいかとw
評論家の論評を元に物を買う等の判断を他人任せの人は騙されても仕方ない。
自己責任でお願いしますw

昔は没後や晩年の半生本の告白で公表されることも多かったですが、
今はネットが広まったせいで、表の評判と裏の評判の違いが書き込まれ
ネタばれが早いのでまだよいのかもしれませんねw


★ やじ さん

ですね。^^


ブタネコさんお元気で何よりです。あなたの意見と同じ考えです。最近障害を売りにしたピアニストなどもてはやしクラシック界はおかしな方向に行ってます。不景気のせいでしょう。

★ neppi さん

ご無沙汰しておりました。^^

>不景気のせいでしょう。

景気は関係無いでしょう。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。