« 外科医 鳩村周五郎12 | TOPページへ | 三匹のおっさん 第4回 »

2014年02月08日

● 雑感(2月8日)


本州方面が大雪だそうな




今日が受験日だった受験生の方々には御心中をお察し申し上げる。


かくゆう私も大学入試の時に降雪に見舞われた経験があり、今日の様なニュースを耳目にすると その時の事を思い出す。


私の時は たしか未明から雪が降り出し、私が起きた6時半の時点で5・6cmの積雪だった。


札幌で生活していた私にとってその程度の雪は別段珍しい事では無く、普通に朝食を食べ 普通に出かける準備をしていたのだが、泊まっていたところの人が血相を変えて現れて


「なにのんびりしてんの? 地下鉄も電車も止まってるよ」


そう東京では5・6cmの積雪は十分に大騒ぎになる事態だったんだな


私の当初の予定では三ノ輪橋から都電に乗って試験会場である大学へと向かうつもりだったのだが、都電は止まっており天気予報による回復の目処がたたない状況から 少なくとも午前中いっぱいは動きそうに無いとの事。


車も交通渋滞どころか 都内各所でスリップ多発により、タクシーを拾う目処も 仮に拾えたとしても試験会場まで開始に間に合う様に着ける可能性は限りなく薄い


そこで私が選択したのは自転車を借りて試験会場へ向かう事で 積雪が無ければ楽に間に合う距離だったのだが 宿の人達は「無謀だ」と


結果を言えば自転車で爆走し当初の開始時間ギリギリに着いたのだが 着いてみたら試験の開始時間が2時間遅らされており、汗だくで着いたのに校舎内とはいえ暖房の無い講堂みたいなところで過ごす羽目になり、試験開始の時間には


「あ、俺 風邪引いたな なんかもう熱っぽいや」


…状態だったんだ。


が、そんな事はどうでもいい。


数日前にも本州で積雪があった日の夜、ニュースで雪に見舞われた本州各地の風景が映され 街ゆく人達が大雪で酷い目に遭っていると報じていたのを見たのだが、その映像を見ていてあらためて 相変わらずだな…といくつかの事を感じた。


まぁ、日頃 雪になれている北国の人間と 年に何回あるかないかみたいな地に住む人とでは感覚が違うのはあたりまえの事なんだけどね


日頃、このクソブログで「上から目線」でモノを語っている私だが 北国の人間が雪で混乱する本州以南を小馬鹿にするのを最近では「北から目線」と言うのだそうで 従って、以下の文章は「北上から目線」になってしまう事を まずお断りしておく。


大学進学に伴い東京に住み始めて 札幌の生活と極端な異なりに戸惑った事がいくつかあるが、その一つが「傘」なんだ。


東京の人って雪が降ると傘をさして歩くが、当時の札幌(北海道全般)の地元人では 雪が降っている時に傘を差して歩くのは美容院帰りのお姉さんの様にヘアースタイルに特別の事情を持つ人が主で それ以外で傘をさして歩いている人って殆どいないに近かったんだけど 東京ではそれが真逆で殆どの人が傘をさして歩いていたのを見て それが私には奇異というか 道を歩くのがひどく邪魔で仕方が無かったんだ。


同時に傘を差さずに通学する私を 関東以南の同級生達は


「さすが札幌出身 この程度じゃ傘もいらねってか?」


と、驚きの目で見て からかうように言われた物だが、私に言わせれば「アホか」と。


基本的に北海道の雪はパウダースノーと呼ばれる様にサラサラの雪質なんで ある程度頭や肩に積もっても ほろえば簡単に落ちる…というのが 傘を差さない理由その1


雪だけでは無く、風も伴う吹雪の場合 それだけで視界が制限されるのに、例えば向かい風の時に傘なんかさしたら もっと前が見づらくなる…というのが 傘を差さない理由その2


風が舞っている時だと 不意な横風などで傘を持っていかれ身体のバランスを失いやすく それがスケートリンク並みにテカテカに凍った場所だと身体のバランスを崩して転びやすくなる…というのが 傘を差さない理由その3


そして、足を滑らせて転ぶ際に持っている傘で周囲の人を巻き込んだり傷つける可能性がある…というのが 傘を差さない理由その4


それと、転ぶ際に両手が空いてるのと 傘など何か持っているのとでは怪我をする危険度がモノを持っていない方がはるかに低い…というのが 傘を差さない理由その5


まぁ、こじつけだと言われるかもしれないが 当時の札幌人ってたぶんそんな理由もあって雪の中を傘をささずに歩いていたんだ… という説を唱える人がいるんだけど、私の場合は「単に傘を差すのが面倒臭かった」という理由が本当は一番強かった様な


が、いずれにせよ その当時東京で、雨の中を傘を差して自転車に乗る人の多さにも驚いたが、冬場に傘を差して凍った路面をヨタヨタしながら風に煽られている人の多さにも驚かされたんだな私は


その上、寒冷地とは家の建て方 特に防寒対策が違うので本州以南の冬場の家の中の寒さは厳しいのは同情に値するが 良い機会なので御承知頂きたいのは家の外が吹雪きでも 冬の夜にTシャツに短パン姿で TVを見ながらキンキンに冷えたビールやコーラを飲んだり、アイスを食べるのが北海道のライフスタイルなので 間違っても北海道出身と聞いただけで


「あ、そう 北海道出身なの…

 北海道ってさ 冬は寒くて厳しいんでしょ? 大変だねぇ」


等とは絶対に言わない様に


たぶん、今夜のニュースで大雪に悩まされている本州以南の人々の姿を 多くの北海道人はTシャツに短パン姿でキンキンに冷えたビールやコーラを飲んだり、アイスを食べながら


「こんな天気だら内地の方が なまら寒いもな いやいやいやいや大変だもねぇ」


…なんて言い合いながら見てるのだから


【追記】


ここまでこの記事を読まれて気分を害した方も多かろうと思うが、私の本意としては そんな本州の雪のニュースをキャンキャンと犬が吠える様にまくしたてるニュースキャスターやワイドショーの司会者達の五月蠅さやオーバーさを不愉快に感じて記したモノであり、被害に遭ったり迷惑を被った人々を嘲笑う意図は全く無い。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2014年)』関連の記事

コメント

私は神奈川在住の身ですが、首都圏の大雪協奏曲は実務的にも心情的にも首都圏の放送波にだけ流してもらえばよいので、わざわざ全国波に載せる意味がわからないです。「東京はこんなタイヘンなんだよー」などと、免許制で帯域的にも時間的にも希少な電波資源を浪費して地方の視聴者にまで周知を図る側こそ、“上から目線”だと思います。4マスのうち、ラジオだけはローカル放送が中心ですが、他の3つもそろそろローカル化されるべきかと。

ブタネコ様

はじめてお便りいたします.nfieldと申します.ブログの感想を書くととても長くなるので割愛させていただきますが,いつもとても楽しく拝見させていただいております.

ご指摘の雪の日に傘をささない理由,最後の「単に面倒くさいから」というところまで,たいへん納得できますし,実際私自身も,私は人生のほとんどを東京で過ごしていますが,雪の時はできるだけ傘を使わないようにしています.できる限りというのは,湿った雪が降る日に長時間外を歩かなければならず,かつ,あまり濡れたくないときは傘をささざるを得ないこともある.ということで,そんなときはいつも,「北海道の人はどうしてるのかなぁ」と思いを馳せております.4月や10月には,ご当地でも湿った雪が降ると思うのですが,そんなときはどうされているか,つまらん質問で恐縮ですが,いつも疑問に思っているので,もしよろしければお教えいただけないでしょうか?

では.

追伸
札幌には時々伺わせていただきますが,最近以前より雪の日に傘を持っている人が増えたような気がします.いわゆる内地からの出張や観光の人や,おしゃれを気にする人が増えたのかな?

★ ネコまんま@sankonki さん

ニュースキャスターとか ワイドショーの司会って自らの番組が日本全国の どの地域にまで放送され
ているのかを よく自覚しろと言いたいです。

例えば関東キー局の場合、同じ大雪でも北関東とか静岡以西での局地的なものの時は 普通に感情
を込めず話しますが 東京が大雪の場合は感情丸出しで喋るアホが多すぎで それが田舎者には
耳障りなんですよ


★ nfield さん

たしかに近年の札幌市内では傘を差す人が多いです

夏場、雨の日に傘を差して自転車に乗ってる人も普通に見かけるようにもなりました

私の感覚では 湿った雪の時はフードのついたコートやジャンパーを着る事で対処したものですが、
娘達に聞くと 私の頃はファッション度外視の実利性重視だったのに対し 最近の特に若者や
中高年のオバチャン達はファッション重視の人が圧倒的に多いんだそうです。^^;


ブタネコさん、こんにちは^^

本州って長いんですよね~。
私は西の端っこに住んでいますが、強風で寒かったですけど、雪はほとんど降りませんでした。
中国山脈を境に北側は大雪だったようで、スキーヤーは大喜びだったようです。
ただし、雪道に慣れていない輩が多くせっかくの四輪駆動なのに事故も多かったらしいです。

ちなみに私は、雪の日は傘を差しません。
誰に教えられたわけでもないですが、意味がないように感じています。
雪の日はコートのフードをかぶって歩きます。
そのほうが効率的だと思っていたのですが、ブタネコさんのこの記事を読んで、私の感覚は理にかなってるんだなとちょっとうれしくなりました。

私も全国版で東京の様子を流す理由がよくわかりません^^;

しかも、全国版の天気予報では、本州の西の端の山口県は九州北部として表現されています。
どうしてなのかをどうでもいいのに考えてしまう今日この頃です。

★ slan さん

ども、こんにちは^^

>全国版の天気予報では、本州の西の端の山口県は九州北部として表現されています。

御心中お察し申し上げます。^^;

雪?えっ?何?あはははは ʅ(。◔‸◔。)ʃ

灰は降るんですがねぇ~w

★ Wen さん

そういえば鹿児島のニュースって 札幌じゃほとんど見ないね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。