« US-2 in 千歳(2014年2月12日) | TOPページへ | 満島ひかり カロリーメイト CM »

2014年02月12日

● JR北海道がらみの報道に関する疑問


全国的にはどうなのか判らないが…




北海道ローカルでは 連日、JR北海道の「レール検査数値改ざん」問題とやらが報じられている。


JR北海道

JR北海道

JR北海道

JR北海道


で、もしかしたらたまたま私だけが聞き漏らしている可能性を否定できないので 冒頭において「ブタネコの聞き漏らしならごめんね すぐ、記事を削除するからね」とお断りを申し上げ かねてより個人的に疑問な事を記しておく




数日前に刑事告発された事もあって 道内では報道が過熱気味なんだけど、この問題が騒がれたのは昨年夏 それ以後、今日に至るまでの間 私は


「データが改ざんされた線路箇所の再検査及び補修工事」


を実施した。(もしくは実施中でもいいや)というニュースを耳目にした事が無い。


その代わり、何度か「実施したいけど費用が無いとJR北海道は言った」という報道だけは耳目にした。


まさか、問題箇所の再点検及び補修工事を天下のJR北海道が 誇り高き保線区員達がなにもしないまま今日に至っているとは思わないが(かなりの皮肉を込めてます 私、国鉄が大嫌いなもので) 完全に整備されたという安全宣言みたいなモノは聞いた事が無い。


でね、私が抱く疑問とは


「そんな状態で列車を走らせていていいの?」


…って事。


例えば、バッテリーから煙が出たという事案から B787がどれだけの期間飛行停止になっていた?


さらに例えば、燃料タンク(増槽)が落下したという事案が生じて どれだけ航空自衛隊の機体が増槽タンク無しで飛んでいた?


それらが再び稼働する際に メディアはどれだけ「疑問の声」を報じていた?


まぁ、鉄道は交通や流通の動脈みたいなものだから 検査が終わるまで走らせない…となったら相当の利用客などが混乱するだろう


ゆえに、出来れば完全に止めない状態を維持するのは なにもJR北海道の経営云々どころの騒ぎでは無い


しかしながら、安全基準というモノを制定し、それをもって「事故が限りなく起きない様に」としているはずの基準から外れた箇所が実在している中で その運行に疑問の声すらあげず あたかも「利用客の代弁者」とか称してJR北海道の社長に群がるハイエナ・メディア共の中に 一人や一社 まともな奴はいないのかね?


「どれぐらい安全は確保してるのか?」


「いつごろまでに安全宣言は出せるのか?」


そこをメディアの誰か教えてくれないものかね?


国交省もメンツを潰されてお怒りなのはともかく 何故、再点検なり 正規な補修を速やかに実施させ 安全確保の指導を強めないのかね?


それが、ずっと私は不思議でならないんだな


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『マスコミ・メディア批判』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。