« 夏菜 in 1億人の大質問!?笑ってコラえて!(1月29日放送より) | TOPページへ | 新垣結衣 明治 CM »

2014年01月30日

● 明日、ママがいない 第3話


ドラマ「明日、ママがいない」の第3話を我慢して見た。




明日、ママがいない


明日、ママがいない


「木村文乃」と


明日、ママがいない


「大後寿々花」はさておき


今週は


明日、ママがいない

明日、ママがいない

明日、ママがいない


「優希美青」が出演するというので仕方なく見たのだが…


「優希美青」の登場シーンを見て 正直、吐きそうになった。


「あ、クソ島お得意の車椅子かよ」と。




前回の感想記事に


とっとと放送禁止・打ち切りになる事を強く望む


と記したところ


『そうですよね こんな教育上よろしくない番組は打ち切りにするべきですよね』


とか


『差別を助長するのは本当に嫌ですよね 私もそう思います』


といった内容の非公開コメントを下さった方が数人おられる


どうやら、なんか勘違いをされているようなので あらためて罵声を浴びるのを覚悟で私の本心を記しておくと…


まず、ドラマの中で差別を助長する内容が描かれていたとして それが良くないと批判するのは当然だと思う。


ゆえに、そんなドラマを制作した関係者(放送局やスポンサー)が罵声を浴びるのも当然だと思う。


しかしながら、私はそんな関係者(放送局やスポンサー)に罵声を浴びせるけれども それ以上に罵りたいのは そんなクソドラマに影響を受けたとして 現実世界でそれをネタに使い回す視聴者達(ガキも含めて)である。


学校で施設生活の子供を ドラマのネタを用いて小馬鹿にする様なガキが実際にいるのだという… であれば、ネタ元のドラマに怒るのもご尤もだが 簡単にTVに影響されるクソガキを二度とそんな気が起きないぐらいに叱れよ と。


どうでもいい昼間のワイドショーやいい加減な週刊誌の記事をネタに 芸能人のゴシップばかりで会話を盛り上がれない様なマヌケな親が多いから ガキ共の中にもそんなのが少なくないんじゃねぇのか? と。


そもそも、クソ島こと野島伸司とは 過去にそんなネタをてんこ盛りにしたドラマをいくつも世に送ってきたアホなのだから また今度も同じ事をしただけの話であって、放送が始まって批判を浴びて 慌ててスポンサーから外れましたとか、実質はまだスポンサーなんだけど提供テロップには名前を出さない様にしております…なんてクソ企業は 番組制作時にスポンサーになるべくドラマの概要や制作者の姿勢を把握できていなかったのか?と猛省すべきであり、最低でも株主に対して謝罪すべきじゃないのかな?


つまり、私はドラマ放送後に生じた問題にどうこう言うよりも このドラマに関しては放送前に十分予見できた事の方を罵りたいのであって ワイドショーなどに扇動された様な連中と一緒にされたく無いんだな


ゆえに、繰り返ししつこく記しておくが「野島伸司」と そのアホを重用する番組制作者、それに制作資金を出すスポンサーに 何度も同じくだらない真似をするなと言いたいのだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『優希美青』関連の記事

コメント

唯一見ているドラマなわけですが(苦笑

これを見て差別だと思う心自体が差別を生むのかもしれません。
自分の心を試すリトマス試験紙としてこのドラマは
中途半端なリアリズムのドラマを見るよりはるかに有効です。

野島ワールドにおいての記号に振り回されず冷ややかに見れれば
ドラマ視聴上級者といえます(笑

そういえば同局の銭ゲバもスポンサーが(遠い目
いやなんでもない。

リーガルハイの「民意」の話ではないですが、この程度のフィクションに動揺するような国民性なら
それまでだと思うだけのことです。

新年早々毒を吐いてスミマセン

★ やじ さん

仰るとおりだと思います。

たまたま、別の放送局の番組が他人事の様に このドラマに関して「如何なモノか」みたいな
批判含みのコメントを放送していたのを見まして 「いや、オマエのとこも野島を尊重したり
似た様なドラマをタレ流しただろ」と呆れたんですよ


こんばんは。このドラマを見ている者です。
私の意見的には、ドラマはドラマなんだから、
そこまでして中止、中止と騒がなくても…ってな
感じです(苦笑
そりゃぁこのドラマを見て差別だという人もいるでしょうが、
ならば嫌な人は見ずにほかの話題で話したら?って
思ってしまいます。フィクションなんだからそこ区別させよって。
まぁ、このブログを見ている未成年の者の意見なんでね。
あんまり気にしないでください。
木村文乃さんの役って謎が有りそうな役ですね(笑
あと、綺麗だなと思います。
関係ない雑談失礼しました―。

★ 瑠衣 さん

コメントありがとうございます。

>ドラマはドラマなんだから

ある意味仰るとおりだと思います

でも、どれだけの人が瑠衣さんの様に ちゃんと区別して見分けられてるんでしょうね?

たかがドラマでも 簡単に影響されちゃう人が瑠衣さんの周囲にも結構おられませんか?

「このドラマはフィクションです 登場する氏名・団体などは実在いたしません」

ドラマの最後にそう記せば免罪符になると思い込んでいるのがドラマの制作者達ですが、

「このドラマは実話に基づき 若干のフィクションを織り混ぜて構成したものです」

…なんてドラマもありますよね? 特に誰か著名人の伝記物なんかの場合にね


>嫌な人は見ずにほかの話題で話したら?って思ってしまいます。

そう、それも仰るとおりです

TVドラマに限らず、ネットも 特にこんなクソブログなんか見ない方が健全です。^^;


まぁ、責任転嫁の様に聞こえてしまうかもしれませんが このドラマに「木村文乃」とか「大後寿々花」が出演さえしてくれなければ一話も見ずに済んだのに…というのが 本音たっぷりの私の愚痴です

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。