« 大杉漣の漣ぽっ 長崎 | TOPページへ | 石原さとみ 私の愛するニューヨーク »

2013年12月13日

● クロコーチ 最終回


ドラマ「クロコーチ」最終回の録画を見た。




クロコーチ


クロコーチ

「小市慢太郎」


クロコーチ

「小出恵介」


クロコーチ

「剛力彩芽」




最終回まで見終えたので総論的な感想を少しだけ述べると…


三億円事件の仮説としては興味深かったと感じてはいるが、それをドラマ仕立てにした場合と考えた時、ドラマ制作者達によく見受けるいい加減さが粗になって残念に感じる部分も多かった。


・何故、神奈川県警が舞台なのか?

・清家(剛力)はキャリアの設定だが、そうする意味も意図も不明で キャスティング適にも疑問

・8年前に殺された女性ジャーナリストとクロコーチの関係は?


…なんて感じで疑問が思い浮かぶが 私の中での最大の疑問は


・何故、第1話で河北麻友子がパンツを見せたのか? その必然性とは?


である。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小市慢太郎』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。