« 別に普通の恋 | TOPページへ | 俺俺 »

2013年12月15日

● 江ノ島プリズム


2013年公開の映画「江ノ島プリズム」のDVDを入手したので見た。




江ノ島プリズム


原作が無いオリジナルストーリーという点は高く評価したい。


が、内容を高く評価する気は無い。


基本的には


江ノ島プリズム

江ノ島プリズム

江ノ島プリズム


「本田翼」目当てと考えればPVとしては悪くない。


しかしながら、物語を楽しもうと思った場合には問題点が少なくない。


興味深いのは 通常、タイムワープ物の場合においてストーリー展開に御都合を優先させた結果の矛盾点が納得出来ない…なんて批判につながるものだが、この映画のストーリーではそれ以前の問題で重要に感じない




【※注 以下の記述にはネタバレが含まれます】




この物語は、如何に主人公が良い奴なのかと感じさせる構成のみで描かれていて 他の人物に関する設定は全く考慮されていない


たとえば、死んでしまう親友が主人公にとってどれだけ掛け替えのない奴なのかという肉付けが薄っぺらなのが残念 言い換えれば、その肉付けの厚みが主人公の頑張りに感情移入出来る大きな要素なのにね


それと、幼馴染みの女の子が二人の男の子に完全に気づかれずに留学の前日まで過ごせる…なんてのは不可能でしょ これが百歩譲って「引っ越し」だったら自分にも経験があるので理解できる


その上、タイムワープが起きる以前の そもそもの歴史では彼女はイギリスへと留学し2年間主人公との接点すら無かった様に描かれているが これもまた不自然。 幼馴染みの男の子の一人亜が死んだ事を含めて 生きている幼馴染み(主人公)と電話なり手紙なり、ネットのメールなり 双方間に音信が無いというのは理解し難い


が、内容的な事を挙げるとキリが無いので映像的な部分でひとつ苦言を呈しておくと


江ノ島プリズム


いくらなんでも今時の映画映像でこの虹は無いんじゃないかな


江ノ島プリズム


「西田尚美」


江ノ島プリズム


「秋月三佳」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本田翼』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。