« 猫侍 | TOPページへ | 大晦日に寄せて… »

2013年12月30日

● あまちゃん祭り


「暦の上ではディセンバー これで見おさめ あまちゃん祭り」を見た。




あまちゃん


朝ドラ「あまちゃん」の再編集総集編を結局最初から最後まで見通してしまった。


過日、このクソブログでは毎年恒例になっている「2013年ブタネコ的TVドラマ大賞」という記事を掲示したのだが、その中で私の「あまちゃん」に対する評価が低いのでは?という クレームの様なコメントをいくつか非公開で頂戴していたので それに対するレスをこの場を借りて記しておくと…


 まず、「朝ドラ」という作りが他のドラマとは大いに異なっているので単純に比較するのが難しい事、その上で私にとってこの「あまちゃん」はたぶんこの先もずっと記憶に残るかけがえのないドラマの1本となるだろう(今回総集編を見てつくづく痛感した)ので別格扱いとさせて頂いた…という事。


主役の「能年玲奈」に関しては演技力に賛否があるらしいが、私は現時点でそれについてはどうでもいいと思っている。


それよりも映画「カラスの親指」で彼女が見せた


あまちゃん


子供っぽさと


あまちゃん

あまちゃん


大人っぽさの同居に将来性を感じているからだ。


あまちゃん


「橋本愛」も この「あまちゃん」が彼女の演技の今後へのひとつのターニングポイントになる気がしてならないし、同様に


あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん


「有村架純」もワンステップどころかツーステップ以上ジャンプアップした感がある。


で、総論的な感想だが


あまちゃん


「小泉今日子」と


あまちゃん


「薬師丸ひろ子」が実に良い歳のとり方に合った役柄を好演した事は 彼女たちがアイドルだった時代を知る者としては感慨深いが それらも含めて「あまちゃん」の素晴らしさは脇の演者達がそれぞれ良い味を出して輝いていた事


特に


あまちゃん


「松岡茉優」


あまちゃん


「優希美青」


あまちゃん


「森岡龍」といった若手には 大いに糧となった事だろう。


ちなみに、今回の総集編を見ていて


あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん


出演カットが少なかった「吉田里琴」が ちゃんと踊ってるシーンがあった事に今まで気づいていなかったので貼り倒しておく


それと、やはり総集編を見ていて


あまちゃん

あまちゃん


この猫の存在感はただ者じゃ無いと再確認した。


それと、あらためて総集編を見た事で つくづく痛感したのは、このドラマの最大の陰の功労者は


あまちゃん


「古田新太」だなぁと思った。


結局、私はこの総集編の最初から最後まで「古田新太」の上の画の様な表情で眺めていたしね


で、そんな総集編のラストに流れた「潮騒のメモリー」の冒頭が


あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん

あまちゃん


「古田新太」の歌声だった事は大いに嬉しい反則技だった。


あまちゃん


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『あまちゃん』関連の記事

コメント

有村架純ちゃんの貪欲さというか肝のすわり方は半端ないですね、必然性さえあればなんとかなるかもしれません。
では良いお年をお迎えください!

★ kuma6663 さん

私の愛用PCの「fu」問題は PCではなく私の問題と気づき 先程、滝に打たれるつもりでシャワーを
浴びました

来春の初夢は いち富士、に鷹、さん必然性で夢見たいと思います

来年もどうかよろしくお願い申し上げます

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。