« ハードナッツ! | TOPページへ | リーガルハイ 2 最終話 »

2013年12月19日

● ブタネコ的2013年邦画アカデミー賞


毎年恒例の個人的映画感想総論という事で…




少し早いかなと思いつつ、年内に入手する予定のDVDも数本 出来れば映画館に見に行きたいなぁと思っているものが1本だけとなったので 毎年恒例の好き勝手を記してみようと思う。


ちなみに、今回の対象作品は


   ● アナザー

   ● ホタルノヒカリ 劇場版

   ● 夢売るふたり

   ● トリハダ 劇場版

   ● あなたへ

   ● ひみつのアッコちゃん

   ● スープ

   ● ふがいない僕は空を見た

   ● のぼうの城

   ● その夜の侍

   ● ヘルタースケルター

   ● 綱引いちゃった!

   ● 北のカナリアたち

   ● バルーンリレー

   ● 臨場 劇場版

   ● 大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]

   ● 今日、恋をはじめます

   ● よだかのほし

   ● ストロベリーナイト インビジブルレイン

   ● ひとり交換日記

   ● ボクたちの交換日記

   ● 言の葉の庭

   ● 自縄自縛の私

   ● みなさん、さようなら

   ● つやのよる

   ● さよならドビュッシー

   ● 鈴木先生

   ● 横道世之介

   ● TRAVELERS 次元警察

   ● 脳男

   ● プラチナデータ

   ● 絶叫学級

   ● 藁の楯

   ● 謝罪の王様

   ● MOON DREAM

   ● ソラから来た転校生

   ● 監禁探偵

   ● クロユリ団地

   ● 図書館戦争

   ● 探偵はBARにいる2

   ● 草原の椅子

   ● すーちゃん まいちゃん さわ子さん

   ● 県庁おもてなし課

   ● リアル~完全なる首長竜の日~

   ● 遺体 明日への十日間

   ● 俺はまだ本気出してないだけ

   ● 二流小説家

   ● 俺俺

   ● 江ノ島プリズム

   ● 箱入り息子の恋


上記50本


リストを上から順番に眺めながら特に評価に値するものをピックアップすると…


☆ スープ

  この記事を記すにあたり、自分が掲示したこの映画の記事を読んでいてDVDを
  再見したくなったので見たが、やっぱり良かった


☆ のぼうの城

  映画の出来そのものには言いたい事がいくつもあるが、こういう時代劇はこれ
  からも作ってほしいと願う


☆ ボクたちの交換日記

  あらためてDVDを見直すとベタというか、初見の時の感動よりは薄まった感が強
  いんだけど、13年公開映画には良作が少なく必然的に上位となる


☆ 言の葉の庭

  やっぱ、これは良い


☆ 横道世之介

  正直言って特に評価すべき作か否か微妙に感じてはいる が、これもまた13年公
  開映画が不作の恩恵なのかな


☆ 探偵はBARにいる2

  13年公開映画の中で最後まで飽きずに見れた数少ない作品のひとつ。


☆ 箱入り息子の恋

  今年、最後の最後にようやく泣かされた1本



…というわけでブタネコ的2013年邦画アカデミー賞は 


    ● 主演男優  「スープ」の「生瀬勝久」


    ● 助演男優  「該当者なし」


    ● 主演女優  「箱入り息子の恋」の「夏帆」


    ● 助演女優  「スープ」の「伊藤歩」


    ● 新人    「スープ」の「刈谷友衣子」


    ● 最優秀作品 「スープ」




【総評】


主演男優は「探偵はBARにいる2」の「大泉洋」も考えたが、今回は「生瀬勝久」を挙げる


助演男優は「図書館戦争」の「岡田准一」ぐらいしか思い浮かばなかったので該当者なしとした。


主演女優に関しては 「夏帆」は「箱入り息子の恋」では「助演女優」と扱うべきなのかもしれないが、私が「箱入り息子の恋」という映画を高く評価する理由の大半はこの映画での夏帆だから あえて主演として扱いたい。


助演女優は「探偵はBARにいる2」の「尾野真千子」も候補に考えたが、「伊藤歩」は「横道世之介」でも光っていたし、何より「スープ」における「伊藤歩」は絶品過ぎる。


新人に関しては「刈谷友衣子」に今年二度泣かされているので彼女しかいない


総論的な事を述べると、今回対象作品(12年末~13年)となったものの中に「これは良かった」とか「面白かった」と感じた作品の数が例年の中で最も少なかった


とはいえ、私自身がほぼ1年間に見た映画の本数も今回は極めて少ないんだけどね


もしかしたら制作されている本数が減っているのか、さもなくば制作数は変わらないけど私が興味を惹かれなかった本数が少なかったのか まぁ、いずれかは定かでは無い


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2013年公開映画』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。