« 事件救命医IMATの奇跡 | TOPページへ | 木村真那月 考 »

2013年11月10日

● 探偵はBARにいる2


映画「探偵はBARにいる2」のDVDを入手したので見た。




探偵はBARにいる2


探偵はBARにいる2


「大泉洋」が主演なのだが、それについてはどうでもいい。


私はあくまでも個人的理由で 勝手ながら個人的思い入れ、というか個人的期待をこの映画に関して抱いていた。


それは舞台となる「ススキノ」が私にとってのお膝元である事


そこに現時点では個人的お気に入りの中でもトップランクの


探偵はBARにいる2

探偵はBARにいる2

探偵はBARにいる2

探偵はBARにいる2


「尾野真千子」がヒロインとして登場する事。


で、映画を見た感想だが…


総論的に言えばサスペンスとしては早い段階で犯人の予想がついてしまうシナリオで論外


アクション物としては札幌を舞台にしたものとしては今までロクな映画が無かったので それらに比べればマシだけど 特記すべき出来では無い


御当地映画としては この物語がススキノ以外の繁華街であったとしても何の違いも見受けないところから不合格


…等々 総合評価的には中の中、もしくは中の下といった評価になるのであろうけど…


探偵はBARにいる2

探偵はBARにいる2


といった流れから


探偵はBARにいる2


となって


探偵はBARにいる2


と、贔屓目と言われても構わないが 終盤の「尾野真千子」の表情にヤラレ この映画を罵る事が私には出来ない。


思えば、2001年に公開されたローカル映画「man-hole」における


man-hole

man-hole

man-hole

man-hole


「大泉洋」と「尾野真千子」が札幌で再び共演する… そこに札幌人の私はロマンを感じるんだな


探偵はBARにいる2


「松重豊」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大泉 洋』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。