« 植物男子 ベランダー 花はどこへ行ったの巻 | TOPページへ | 安堂ロイド 第7回 »

2013年11月25日

● 冤罪死刑


SPドラマ「冤罪死刑」を見た。




冤罪死刑


冤罪死刑


「塚本高史」が出演していたのでメモ代わりに貼っておく


ちなみに、「塚本高史」の最近の出演作はクソ率が高いと 以前に何かの記事に記したが、今回はそれほどクソでは無く、財前直見の演じた役を もっとちゃんとした女優が演じていたら はるかに出来が良くなったであろう…と感じた事を これまたメモ代わりに記しておく


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『塚本高史』関連の記事

コメント

財前さんや吹石さんって、なして肝心な役に重宝?されてるんでしょうね。「永遠の0」でも、個人的に一番演技力が必要だろうと思うところの配役に井上真央さんじゃなくて吹石さんがあてられてるので、えらい心配です。ぜったい逆さまだろうと。まあ、そう言いつつ観ちゃうんですが。

★ ネコまんま@sankonki さん

あくまでも私見ですが…

たとえば「財前直見」の場合 彼女の演技で「悩んでいる表情」と「考え込んでいる表情」と「困っている時の表情」が全て同じに見えて見分けがつきません

なので、そういう人を重要な役に配役する時点で製作者のアホさ加減が伺い知れます

で、「永遠の0」ですが キャスティングを知った時、私は井上真央の祖母(正確には祖母の若い頃)の役は悪くないなとおもいました。

が、井上真央の役柄としては これまでに何度も見た様な役なので 同時に「なんだかなぁ」感も抱きました

仮に、井上真央が 吹石一恵の演ずる「姉」役の方だったらと想像すると、やはり「祖母」役と同じ様に 悪くないけど、彼女の役柄としては新鮮味に欠ける役柄だなぁと感じてしまいますが 彼女が実写版「火垂るの墓」で見せた役柄は もう一度見たいと思っていたので そんな感じだったらいいかも… なんて複雑です

ちなみに、私は原作を読んでいた時 祖母は「早織」、姉は「北川景子」のイメージで読んでましたが、これまた仮に 姉役を北川景子が演じたならば 井上真央と同様に 悪くないけど、彼女の役柄としては新鮮味に欠ける役柄だなぁと感じると このレスを記しながら苦笑いしてます

で、ついでに言えば「吹石一恵」は論外です

最後に、しつこいようですが現時点での個人的に「お気に入り」という偏見で考えた時 祖母役は「早織」か「南沢奈央」 姉役は「木村文乃」か「木下あゆ美」でお願いしたかったです

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。