« ダンダリン 第1回 | TOPページへ | 松本清張SP「顔」 »

2013年10月05日

● 特捜最前線2013


SPドラマ「特捜最前線2013~7頭の警察犬」の録画を見た。




特捜最前線2013


特捜最前線2013

特捜最前線2013

特捜最前線2013

特捜最前線2013

特捜最前線2013

特捜最前線2013

特捜最前線2013


「小日向文世」が刑事役で しかも、二丁拳銃のガンアクションすら見せる画期的なドラマだが、脚本・演出共にクソ

(注:小日向がガンアクションしてるからクソ…という意味では無い)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは^^

思わずコメントしたくなるくらい私も激しく同意します^^;
登場した瞬間に犯人がわかるのってどうなんだ!

警察犬たちとエンディングの曲はなかなか良かったです。

アクションスター小日向には当方も舌を巻きました(笑)
あれだけ撃たれまくってるのに肩をかすめただけという無双っぷり。

二丁拳銃も然ることながら、その後のダイナマイト攻勢もすごかったですよね。いつの間にあんなにたくさん用意していたんだろう?
何このドリフって思ってしまいました。

特捜最前線のブランドに頼るような浅ましいことなんかせず、普通にオリジナルドラマとして、只々ベテラン親父俳優たちがドンパチする娯楽アクションものとして突っ走ってくれた方が、
ずっと楽しめたろうにと思えてなりません。

★ slan さん

タイトルからすれば警察犬が主役なんですけどね…


★ sane1102 さん

普通のオリジナルドラマなら ただのクソですが、ブランドに頼ると大グソになる事を判っていませんね
このドラマのスタッフは。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。