« 堺雅人 in 笑っていいとも(10月9日放送) | TOPページへ | 丘珠駐屯地創立60周年記念行事(その3) »

2013年10月09日

● よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1回


新ドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」第1回を録画で見た。




よろず占い処 陰陽屋へようこそ


このドラマの原作シリーズ5作(今のところ)は既に購入済みで2冊目「よろず占い処 陰陽屋あやうし」までは 今年の春頃に読んでいたが3冊目以降は その頃からライトノベルにハマって色々と読み漁っているうちに読まないまま今日に至るのだが、少なくとも2冊目までの感想としては読みやすくストーリー展開の先が楽しみで つまらないから読まずに居た…訳では無い。


よろず占い処 陰陽屋へようこそ


ゆえに、ドラマ化に際し 杉良太郎なんかを担ぎ出したのは「ほぉ」とは思ったが、製作が関西テレビでは せっかくの原作ティストを簡単にぶち壊しそうな悪寒が拭えず違った意味でドラマのこの先がどうなるかいろんな意味で楽しみだ。


で、第1話を見終えた感想を簡単に記せば


よろず占い処 陰陽屋へようこそ


「南野陽子」(決して私は嫌いじゃ無い)って こんな大きかったかな? だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ドラマ名(や~よ)』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。