« 今朝の八雲町の朝日 | TOPページへ | 飛行船(札幌上空 7月20日) »

2013年07月20日

● 2013年 八雲分屯基地創立36周年記念行事


この記事を読まれた方の中には何人かが「嘘だろ?」と きっと呟く事だろう。




千歳で自衛隊機の写真を撮っている人達の中で、特に古くから熱心な人達の間では 丘珠で行われる航空ページェントで かなり昔に海兵隊のF/A-18が見せた高速低空の機動飛行と並んで ある種の伝説と化しているのが「八雲分屯基地創立記念」におけるRF-4の高速低空捻り


どちらも毎年必ず行われたり、一般公開されるものではないので 特に八雲のRF-4が実施されると聞くと 楽しみでウズウズする人が多いんだな。


で、今年の八雲分屯基地創立36周年記念行事は基本的に「一般公開無し」だという事と「今年はRFは来ない」という情報が春先に流れた為、「今年の八雲は無し」だとみんな思っており、今日現在でもそう思い込んでいたはずの方が少なからずいる。


ところが、一月程前に「一般公開はしないみたいだけど”基地見学ツアー”って名目で若干名を募集してる」「なんかRF-4が今年も来るらしいよ」という情報が流れ始め それが事実と知るや応募に殺到したそうな


で、今日


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


千歳の航空祭さながらの飛行展示、訓練展示が実施され…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


ドーンとRF-4Eが2機で高速低空捻りパスを数回実施した。




さて…


以前、何かの記事にも何度か記した事だが 私はこういった航空祭や基地祭において飛行機撮影する時は 何かの理由が生じない限り基本的に基地の中には入らず、周辺のポイントを探して そこで写す主義。


ゆえに、上の写真①②③は 基地のメイン会場とは滑走路を挟んだ反対側で撮り、RF-4Eのパスは 朝早くに行って探し、見当を付けていたポイントへと移動して撮るはずだった。


で、いまだから正直に言うと 当初、私が予定していたのは一件だけ入居者が居る2階建てのアパートの基地側に面した階段


たまたま、早朝にロケハンしていたところ 試しに上がってみたらとても良いロケーションで 玄関前を掃除していた1階の住人に話を聞いたら


「ここに住んでるの私だけだよ」


と、バアさん


「実は12時に飛んでくる飛行機を撮りたいんだけど 2階に上がる階段の上の

 踊り場のとこ 30分間上がらせて貰ったらダメかな?」


と、聞くと


「いいよ、構わないよ」


と、快諾を得たので「ラッキー」なんてウキウキしていた


で、千歳救難隊のUH-60とU-125の展示が終わり その場所に行ってみると…


アパートの前には引っ越し屋のトラックが横付けで 目的の階段踊り場には引っ越し荷物が山の様に積まれていた。^^;


で、慌てて別の場所を探し そこで撮影したのが上の④~⑦なのだが、例年通りであればランウェイエンドを越してから捻っていたRF-4Eが 今年はそれよりはるかに手前で捻るもんだから旋回ルートが全然違う。(ToT)


当初、予定したアパートの踊り場だと完全に背中は撮れなかっただろうと思うと まぁ、仕方が無いとは思いつつも 惨敗感たっぷりに帰宅した。


(以上、言い分けです)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『基地・駐屯地祭』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。