« タヌキの尻 | TOPページへ | 堤真一 NTT東日本 CM »

2013年06月23日

● 空飛ぶ広報室 最終回


ドラマ「空飛ぶ広報室」 最終回を観た。




空飛ぶ広報室


空飛ぶ広報室

「新垣結衣」はともかくとして…


結局、ラブロマンス話で締めた点を良しとするか否とするか…なんて 私にはどうでもいい。


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室


報道からは見向きもされず、触れても貰えなかった事をドラマで報じて貰えた… それだけで充分だ。


まぁ、今の日本じゃ死語みたいなもんだけど 日本人の美徳は気配りであり、察する事と昔、そう私がサラリーマンになりたての頃の新人研修で教わったもので その代表的な表現が


「相手の身になって考えなさい」


という一言に集約されていた様な気がする。


しかしながら、この国では太平洋戦争に敗戦後 軍事を考えたり語る事をタブーみたいに捉えるばかりか 自衛隊員の身になって考える…なんて事は全く無しに最近まで至った経緯があり そこに一石を投じるという意味でこのドラマの原作の素晴らしさがあり 映像化されたこのドラマにもそんな意図が反映されていたと思えて良かったと思っている。


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室


この二人の泣きは ただただ貰う他無く


空飛ぶ広報室


ここで「高山侑子」をもってくるなら 南明奈のところだろ、、、、なんて思いつつも どうでもいい。


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『空飛ぶ広報室』関連の記事

コメント

青春ドラマなので、順当な終了だと思いました。でも、ブルーインパルスの飛行はいいな(迫力ではF-15等の戦闘機のほうが圧巻ですが)。10話の飛行何回も見直しました。

で、私の父は商船の船長+横須賀パイロットだったのですが、昔、自衛艦(軍艦)とすれ違った際、敬意を表して艦船版の敬礼があるらしいのですが、それを行う船が少ないと嘆いていました。また、自衛艦との衝突事故にしても、自衛艦(軍艦)は最優先との話も聞いており、こんな事故で自衛艦側が裁判されるなんてのは信じられないと言っていました。

このような番組で、少しでも自衛隊の活動状況が良くなれば、良いです。

昨夜、家族が寝静まった後、もらい泣きしながら、録画を見ました。

★ charlestonblue さん

たぶん、このドラマでブルーインパルスに興味を持った人は少なくないでしょうね


★ ぴの さん

私は人目も憚らず号泣してました。


このドラマ良かったです!予想を超えて期待以上に。
ちゃんと『飛ばさなかったのだ』って言ってくれましたね。
次の作品、予告編の堺雅人に何となく期待してしまいます。

★ ちょろ松 さん

ですね。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。