« 世界ネコ歩き | TOPページへ | 堀北真希 CM »

2013年05月06日

● 空飛ぶ広報室 第4回


ドラマ「空飛ぶ広報室」 第4回を見た。




空飛ぶ広報室


空飛ぶ広報室

「新垣結衣」


たぶん第4話を見た人の多くは


空飛ぶ広報室


上のシーンを高く評価するんだと思う。


それに関しては否定しないし、良いシーンだったと私も思う。


でも、私がこの第4話で最も評価したいシーンは


空飛ぶ広報室


「渋川清彦」による上のシーン


戦闘機の迫力を初めて目の当たりにした者が惹き込まれていく様が上手く滲み出ている。


なんとなくだが、今後(たぶん終盤に) 彼にまた泣かされる予感がして楽しみだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『空飛ぶ広報室』関連の記事

コメント

こんにちは。

当初、予告を見た限りでは「自衛隊かっこいいでしょ?」的な
あまあまちゃらちゃらな内容かと思っていました^^;
なので、ブタネコさんの「自衛隊をきちんと描いて欲しい」と言う部分が
叶っているかはわかりませんが・・

「そうか、自衛隊の人って色々苦労してるんだな」と改めて思いました。
このドラマを見る前に、私は、震災で一生懸命
連日、救助活動等を水につかりながら作業しているのを見て
これほど、過酷な仕事はないなと、悪い事ばかりを見ず、感謝するようになりました。

しかし、その前まで「退役した人も、たまに鉄砲撃ちに行って、お金貰えてるんだよね」
とか思っていて・・

こうして、一生懸命他人の為に命を投げ出す仕事なんだと言う事を、忘れていたなと・・

このドラマは、そう言う意味で多くの人が、興味を持ち、理解してくれるきっかけになれば
いいですよね^^
本もやっぱり読んでみようと思ってます。

★ 有 さん

>叶っているか

ひとまず現時点までは叶っていると満足しています。

ただ、ちょっと気になっている点は 新垣結衣が演ずる女性が第1話において あからさまに反自衛隊な
考えの持ち主として描かれていた部分が なんとなくなんだけど「彼女はそういう考えの持ち主だったけど
TV局全体はそうじゃないんだよ」みたいな個人の意見に集約している様にも感じたところですね

例えば、新垣結衣の演ずる女性の側に居るアシスタントなどは「カッコイイ」などと自衛官に対して
好意的な態度を取らせたり…(この子は原作にはいなかったはず) たぶんバラエティ製作感覚ならば
そういうのが普通なのかもしれませんが 報道はどうなのか?を考えた時 TBS特有の二枚舌が
見え隠れしてる悪寒が私は捨てきれません

が、クソメディアは そうそう簡単に変わるはずも無く、私はそこまで期待しているわけではなく
むしろ、ドラマによって視聴者の中に意識が変わる人が多く現れる事を期待してやみません。

こんばんは。

少しだけでも、満足できる内容で良かったですね^^
某局の物理学者の作品のように、原作はどうかわかりませんが、
総てをクソに変える、素晴らしい局もありますからね・・
(あくまでも、前作の方が私個人は面白かったので)

>「TV局全体はそうじゃないんだよ」みたいな個人の意見に集約している様にも感じたところですね
>クソメディアは そうそう簡単に変わるはずも無く、私はそこまで期待しているわけではなく

TV局はいつも、政治にしろ事件にしろ騒ぎ立てたあげく
何か、問題があると知らないふりをする訳で・・
ジャーナリズムなんて程遠い、ただの野次馬的な人達が多いし
タレントですか?なんですか?ってアナウンサーとか
一回の放送で2回も3回も「先程のニュースで訂正が・・」
なんてだらけた内容を見せられる事になるんですよね^^;

兎に角、ドラマでも人の心を動かせるはずなんだから
しっかりと、作ってほしいなと思います^^

★ 有 さん

>兎に角、ドラマでも人の心を動かせるはずなんだからしっかりと、作ってほしいなと思います^^

そうですね、そうあって欲しいです。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。