« 世にも奇妙な物語 '13 春の特別編 | TOPページへ | 松雪泰子 CM »

2013年05月12日

● 夏八木勲さん ありがとう


名優「夏八木勲」さん逝去の報に接し、何とも言えない気持ちだ。




昨年の10~12月期に放送されたドラマ『ゴーイング マイ ホーム 第6話』を見た時に


ゴーイング マイ ホーム

「夏八木勲」痩せたなぁ…


と、記したように このドラマで見た「夏八木勲」の姿が何故か心に引っ掛かっていた。


彼の出演で個人的に特に惹き込まれたのは


プロポーズ大作戦

ドラマ「プロポーズ大作戦」での爺さん


「プロポーズ大作戦」というドラマが秀作だった要因のひとつが この爺さんの存在だったと言っても過言では無いからだ。


で、個人感を言えば…


私の記憶に残る 夏八木勲の若い頃の出演と言えば映画「仁義なき戦い」でのヤクザ役


そして


野性の証明


「野生の証明」あたりが一番記憶に残るところだが、かつて「角川映画」が全盛の頃 製作された多くの映画に「夏八木勲」って ずいぶんと出演していて、脇なんだけどとても重要な役を見事に演じていた


そして、


眠れる森


ドラマ「眠れる森」の父親役は 最高のハマり役で、このドラマを楽しませて貰えた要因の一つ


夏八木勲の出演リストを眺めていたら その出演数の多さもさることながら、結構それらを見てた自分にも気づき、中にはすっかり忘れていた名作の名前を見つけて 再見したいと思うばかりだ。


で、夏八木勲の遺作が何になるのか判らないが 今年公開される映画「永遠の0」に大石賢一郎役で出演していると知り、間違いなくそれが私にとっての彼の遺作として大いに泣かせて貰えるものと楽しみにしている。


で、最後に


夏八木勲さん 本当に今までいろんなドラマや映画で楽しませて下さってありがとうございました

心から御冥福をお祈り申し上げます。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『役者・タレント』関連の記事

コメント

私も訃報にビックリしました。
いろいろ出演作がありますが、「白昼の死角」がやっぱりいいですね。

また名優が一人逝ってしまいました。
夏八木勲さんといえば、私の中で真っ先に思い出すのが
戦国自衛隊での長尾景虎であります。
初めて機関銃をぶっ放したときのあの喜々とした姿は最高でした。
衷心より哀悼の意を捧ぐと同時に、ありがとうございましたの一念に尽きます。

永遠のゼロ、キャストに些かの不満はあるものの
夏八木勲さんの遺作として、私も泣かされに行こうと思います。

また名脇役の俳優さんが鬼籍に。
自分は主演の角川映画「白昼の死角」の印象が強いです。
ラストのダウンタウンブギウギバンドの「欲望の街」のメロディーが今も流れてます。
おっしゃられる通り「眠れる森」は本当にキーパーソンでした。
もともとは慶応に入って外交官になりたかったと聞いたことがあります。
娘さんがその血を継いでか外国に住んでるとも。
本当に残念です。合掌。

 私も『プロポーズ大作戦』での彼の台詞、「明日やろうは、馬鹿野郎だ」は
大変鮮烈な印象を受けました。現代劇も良かったですが、私は若い頃の時
代劇が好きでした。ご冥福を祈ります。

★ リッチー さん

>「白昼の死角」

近々再見しようと思ってたところなんですよ


★ Wen さん

>キャストに些かの不満はあるものの

そうなんだよねぇ、同じ事思ってました。


★ やじ さん

>「眠れる森」は本当にキーパーソンでした。

「夏八木勲」と「陣内孝則」に尽きますからね^^


★ ハウプマン さん

>私は若い頃の時代劇が好きでした。

お薦めがあったら御教示頂けますと幸いです。^^

夏八木勲さんが亡くなったと聞いて真っ先に思い出したドラマは何故かこれでした。
http://www.youtube.com/watch?v=3ykisZrcT0U

★ kuma6663 さん

さすがですね、忘れてました。

動画を見た瞬間に「あ~」って大声出しちゃいました。

『十一人の侍』をぜひ。昨今のリメイク時代劇とは一線を画します。

★ ハウプマン さん

探してみます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。