« あまちゃん 第2週 | TOPページへ | 芸人交換日記 »

2013年04月15日

● 空飛ぶ広報室 第1回


新ドラマ「空飛ぶ広報室」 第1回を見た。




空飛ぶ広報室


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

「新垣結衣」


第1話を見る限り、予想以上に良く どうでもいいシーンで思わず私は泣いていた。


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室

「綾野剛」がどこまで空井役にハマれるかも心配だったが、間違ってJ系タレントなんかを起用されなくて本当に良かったと思える程良かったと感じている。


と、同時に 勝手ながら航空自衛隊も相当気合いを入れて協力してるんだなぁ…という画が随所にあり 


例えば、


空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室


フォーメーション・テイクオフ(2機並んでの同時離陸)は千歳でもよく見かけるが、アフターバーナーを焚いてのフォーメーション・テイクオフは ここ数年見かけた事は無く、千歳のマニアにとっては 一度は撮ってみたい夢の光景


また、番宣やCMでも見ていたのだが


空飛ぶ広報室

格納庫内のF-15を俯瞰で見下ろす画 これもまた信じがたい姿


そして、

空飛ぶ広報室

撮影が何時頃なのか判らないが、(そしてナイトにタイミングに合わせただけなのかもしれないが)暗くなったこの時間までF-4やF-15が庫外にあって しかも、撮影のタイミングに併せてF-15をトーイングするあたり 整備員などどれだけの人員が見えないところで協力していたかを想像すると その協力姿勢の気合いが如何ほどなのかがよく判る。


予告編によると来週は入間基地が見れるようなので それが実に楽しみだ。


空飛ぶ広報室


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『空飛ぶ広報室』関連の記事

コメント

原作はブタネコさんの記事を見て読みました。

とても面白かったです。

興味深いという意味でも面白かったし、単純に面白いという意味でも面白かったので一気に読めました。

普段このブログでブタネコさんが仰っている事と符合する事が多く、特に自衛隊は世間から良いイメージを持たれていない、という事を前提に仕事をしている、というのは、普通の民間企業はもちろん、消防や警察には無い事だよな、と思いました。

今日のドラマ内にもありましたけど「自衛隊なんか」という言葉、以前何かでブタネコさんは田嶋陽子が同じ様な事を言っていた事に怒ってらしたと思うんですけど、あれだって普通の企業同士の会話ならあり得ないですよね。

リカがどうとかじゃなく、日本人はちょっと、これは自衛隊に限らず他の公務員に対する態度にもあらわれていると思うんですけど、「どうせお前ら(公務員)は俺たちの税金で飯食ってんだろ?」的な考えが過ぎるような気がするんですよね。

理論的にはそうかもしれないですけど、だから敬意を払わなくて良い、という事にはならないだろう、と思います。


>アフターバーナーを焚いてのフォーメーション・テイクオフは ここ数年見かけた事は無く
>格納庫内のF-15を俯瞰で見下ろす画 これもまた信じがたい姿
>暗くなったこの時間までF-4やF-15が庫外にあって しかも、撮影のタイミングに併せてF-15をトーイングするあたり 整備員などどれだけの人員が見えないところで協力していたかを想像すると 

ここら辺の事はさすがに全く思いもよりませんでしたが

>その協力姿勢の気合いが如何ほどなのかがよく判る

多分この原作の広報室の人達さながらに、絶好のチャンスだ、と思っているのかなぁ、と思ってました。


ドラマのキャスティング的には、恐らく一番の肝は鷺坂だと思うんですけど、柴田恭兵だと知った時は正直「えー?」でした。

今回の一話も前半は恐れていた通り、という感じでしたけど後半、空井とのシリアスなシーンは思ったより良かったと思ったんですが、その辺り、何かお感じになりましたか?


私もどうでもいい場面で、おいおいT2かよ^^;と苦笑したり、
画面の隅にオジロワシを見つけると感傷に浸ってみたり…
『殿(松平容保)』がやってて良かったと思います。
私の場合、罷免ではなく返上だったのですが
あの時の一抹の寂しさを思い出しました
吹っ切れたはずなのですがねぇ…^^;

久々にレコーダーの週刊録画モードを『ON』にしました^^


★ うごるあ さん

>自衛隊は世間から良いイメージを持たれていない、という事を前提に仕事をしている

昨今は一般市民の自衛隊に対するイメージは大きく変わった様に思いますが、メディアや左巻のアホ共は 自衛隊を見下す事で自分がまだマシで正しいと思っていたいんでしょうね 実に片腹痛いです


>「自衛隊なんか」

思い出すだけでも腹が立ちますね、しかもドラマの中の台詞とは言えガッキーに言われると悔しくて悔しくて


>「どうせお前ら(公務員)は俺たちの税金で飯食ってんだろ?」

自治体の小役人共と自衛隊を一緒にして欲しくないですね。^^


>多分この原作の広報室の人達さながらに、絶好のチャンスだ、と思っているのかなぁ、と思ってました。

おそらくそうじゃないかと私も思います。 同時に陸自や海自は少し悔しいんじゃないか?とも

でも、このドラマや原作がキッカケで 自衛官が普通に登場するドラマや映画が増える事を私は願っています。


>恐らく一番の肝は鷺坂だと思うんですけど、柴田恭兵だと知った時は正直「えー?」でした。

私も同様でした。 三浦友和あたりがコミカルに演じてくれればどんなに良いかとも。^^

でもね、予想に反して悪くなかったと現時点では感じています


★ snow431 さん

今日、千歳にオジロF-4が1機 AAM射撃の支援で飛来しました

たまたまとは言え、久しぶりのファントムサウンドを味わえたのは僥倖でした


遅まきながら、録画してあったものを観はじめました。なかなか面白いドラマ
ですね。ガッキーは「仏頂面で憎憎しげなキャラ」を演じると素敵にはまります。

★ ハウプマン さん

ハウプマンさんやハウプマンさんの御友人達にはどう映るか 実は興味津々でした。^^


録画したままになっていたのですが、ブタネコさんの日記を拝読して評価の
高さにあわてて観た次第です。第一回から何度も目頭が熱くなるシーンが
あり、これは「良いドラマ」に出会えたなと思います。会津中将容保、頑張っ
てますね~。

陸海空自衛隊の特徴を見事に捉えた標語は有名ですが、記者が作ったと
は知りませんでした。記者会の「浅学非才 馬鹿丸出し」は爆笑です。

★ ハウプマン さん

手放しで褒めるのはまだ早いかなと思いつつ 原作の良いティストは醸し出しているように
感じています。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。