« 獣電戦隊キョウリュウジャー(4月7日放送) | TOPページへ | C-1 2012春-2013冬(その1) »

2013年04月09日

● 石原さとみ 木南晴夏 LINE CM


たまたま捕獲したので貼っておく




CM

CM

CM

CM

CM

CM

CM

CM

CM




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『石原さとみ』関連の記事

コメント

最近、石原さんの演技が、うっとうしく感じるのは
気のせいでしょうか?
画面から受ける感じが、ちょっと違って来たような・・

★ 有 さん

言わんとする事は充分に察せます

だって、私も似た様な気持ちが芽生えて結構な時間が過ぎてますから^^

もしかして、キャピキャピ仕草みたいな部分に特に強く感じませんか? 私はそうなんですよ

オーバー気味でウザイなぁと。^^;

おはようございます。
いつも、お返事頂きありがとうございます。

そう!そうなんですよ~^^;
なぜ?ああなった?と・・
舞台のやりすぎなのか?感違いなのか?

キャハ~キャイキャイって感じがどうにもうるさくて、見てられない
何て言うか、お酒のcmも洋服のcm悪くないはずなんですが
「私、こういう演技もできます」みたいな、やらしいというかあざといというか・・
逆効果?

女性が女性から受ける、いやーな面が出てる感じがして・・
ま、総ての女子がそう思う訳ではないし、男性にしてみればそこが良いかもしれませんが

女優としてのそれが成長なのかもしれませんが、ちょっと違う方向に行ったなと
軽く残念な気分なんです・・


★ 有 さん

いろんな役柄に挑戦するのは良い事だし、役柄によってどうしても得手不得手が生じる
のも仕方が無い事だと思うんです。

問題は本当に面白いドラマなり映画を作ろうとするのなら 制作者側もその得手不得手
を考慮した上でのキャスティングをすべきなのに そうじゃないのが昔ながらのこの国
のシステムというところにクソドラマやクソCMを見る度にウンザリします。

石原さとみの初期の出演作に「窓を開けたら」というドラマがあるのですが それで
彼女が演じた役柄は ちょっと心に傷を抱えて陰のある女の子… これがとても好演で
記憶に焼き付いているのですが、今 彼女の出演作リストを眺める時、そういう役柄を
その後演じて見せてくれたものは少なく、私個人の感覚では「H2~君といた日々」か
「椿山課長の7日間」(TVドラマ版)ぐらいしか、彼女の演技が秀逸だったと記憶する
物が無いのが残念ですね

ありがとうございます。
大抵は観ているのですが、その二つは何故かみてないです^^;
今度、レンタルで探してみたいと思います。

私も、どちらかというと、陰のある表情や瞳が出来る役者さんを見ると、惹かれます。
彼女をいいなと思ったのは「N’sあおい」と「氷点」でした、あとは、お気楽なドラマで、
今の様な状態ではなかったので、そこそこ楽しめてましたが・・・^^;

あまり色々言うと、嫉妬してるって思われたり、コアなファンがやってくるので控えてますが
「なんで、世の監督は元気な感じばかり見たんだろうな~?」とか
「この役こそこの人でやってほしいのに」とかありますよね・・(ビブリアは私の中ではるかちゃんだったんですが)

素人の私が言うのも変ですが、今の業界はきっと、大手事務所や広告代理店のコネで、やたらなんにでも顔を出す若手と、隣国の安く金になるもの、どっかで高視聴率だったって、二匹目のどじょうを狙って、楽して視聴率を獲ろう、という制作者の怠慢ではないかと思ってます。

そう言えば、リーガルハイ10月に2やりますね^^
続編って、大抵がっかりする事が多いのですが
これは、期待したいところですね。

★ 有 さん

石原さとみの場合、もうひとつ付け加えるならば 所属事務所が往々にして所属タレントを
ワンパターンに育ててしまう悪い癖がある点ですね これは本当に残念な事です。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。