« 千歳の夕焼けと自衛隊機(1) | TOPページへ | 剛力彩芽 CM 4本 »

2013年04月22日

● レディ・ジョーカー


WOWOWで全7話にて放送されたドラマ「レディ・ジョーカー」の録画を一気見した。




レディ・ジョーカー


レディ・ジョーカー

「本仮屋ユイカ」


レディ・ジョーカー

「津田寛治」


レディ・ジョーカー

「高杉亘」


レディ・ジョーカー

「小市慢太郎」




あくまでも個人感で言わせて貰えば 私は高村薫の著作をこれまでに数冊読んだ事があるのだが、そのどれもが面白いんだけれどもスッキリしないモヤモヤした気分を味あわされている。


例えば、この「レディ・ジョーカー」と「マークスの山」は同じ刑事が登場する事からシリーズ作という見方も出来ると思うし、そこが良くてファンと称する人も多いと聞く


たしかに、合田という刑事の人物像には魅力を感じるんだけど 私は同時に矛盾というか、キャラ設定上での御都合主義も感じ馴染めないのが本音なんだな


で、このドラマ「レディ・ジョーカー」だが、相変わらずのWOWOWによる高クォリティなドラマだと思うし面白かったのだが、率直に言って「ただ面白かった」だけのドラマって感も否めないのだ


まぁ、細々と不満を述べても仕方が無いので 一点だけに絞って疑問点を挙げると、


「何故、柴○恭兵が演じた人物が刺されなければならないのか?」


これに関しては賛否両論の御指摘を頂戴するだろうと予想されるが 敢えて、申し上げておきたく 私の大いなるモヤモヤの大きな原因でもあるからだ。


余談だが、この記事を記していて「マークスの山」の記事を掲示していない事に気づいた


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本仮屋ユイカ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。