« F-15 2013冬(その9) | TOPページへ | 獣電戦隊キョウリュウジャー(4月7日放送) »

2013年04月08日

● 女信長


二夜連続SPドラマ「女信長」の録画を見た。




女信長


女信長

「天海祐希」


女信長

「長澤まさみ」


女信長

「玉山鉄二」


女信長

女信長

女信長

女信長


信長が実は女だった、という設定で奇をてらうのはアリかもしれないが、もうその時点で真剣に見る価値は半減なのだが…


天海祐希の演技はさすが元宝塚と言えるものでも、周囲に恵まれなければ笑うネタにも出来ない。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『長澤まさみ』関連の記事

コメント

 沖田総司が女だったら、というトンでも設定もありましたが、信長が女だったら、という
設定の方が時代への影響力大で面白かったです(後編未見)。わたし的には信長が
不倫している浅井長政が武将としてちっとも魅力がない時点でアウトでしたけど・・・。

★ ハウプマン さん

ラストがね どうにもイタダケなかったんですよ。^^;

大ネタバレなんで詳細を述べられないのが残念なほどに


 後編観ましたので、存分に語ってください(笑)。悪いラストじゃないと思います。
むしろ、信長自身に確固たるビジョンがあるように感じなかったことと、「信長らし
さ」が結局、嫉妬だったり妬みだったりという「女の浅はかさ」に起因するように見
えてしまったのが根本的に残念でした。

★ ハウプマン さん

「信長が実は女だったが故に 実はこういう真相(流れ)だった」

と言うのと

「信長が女だった… という事で真相(流れ)をこう解釈した」

と言うのは 似て非なるものだと思うんです

で、私は後者を強く感じたので イタダケないな と。

たぶん、キーになる浅井長政の描き方、演出に最大の失敗があると感じました。


 同感です。だから、信長と武将達の関係性が「女」ゆえのあれこれになって
しまうのでしょう。内野=光秀は熱演していましたが、彼が「信長さまが『女』
なればこそ、あれだけのことができた」というほど、女性独自の視点や改革
には思えませんでした。むしろ、「女」ゆえに感情的になって残虐な処断がで
きたのだ、と描いてくれた方が「魔王」としての正体に納得ができたでしょう。

>キーになる浅井長政の描き方、演出に最大の失敗があると感じました。

 おっしゃる通りと思います。彼が「天下を禅譲するに値する器」に見えない
点でもうダメでしたね。まして、重用される光秀に嫉妬して信長にDVなんて、
情けなくて苦笑しちゃいましたよ。そういう長政を見抜けない信長こそ、甘す
ぎて、とても天下を狙える将器ではありません。

★ ハウプマン さん

>むしろ、「女」ゆえに感情的になって残虐な処断がで
>きたのだ、と描いてくれた方が「魔王」としての正体に納得ができたでしょう。

賛成です。^^

>彼が「天下を禅譲するに値する器」に見えない点でもうダメでしたね。

そこも大いに賛成です。

当初は女版江戸幕府の「大奥」に乗っかった企画物かとも思ったんですが 着眼は悪くなかったと思いつつ
見終えてみれば残念しか残っていないんですよ私は


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。