« 千歳の夕焼けと自衛隊機(2) | TOPページへ | リバース »

2013年04月23日

● 小暮写眞館


ドラマ「小暮写眞館」全4話を一気見した。




小暮写眞館


小暮写眞館

小暮写眞館

小暮写眞館

小暮写眞館

小暮写眞館


久しぶりに「成海璃子」が堪能出来るかと思って見たわけだが…


小暮写眞館

小暮写眞館


「成海璃子」がタバコを吸っているシーンを見て「おぉ?!」と思い調べてみたら いつの間にか20歳過ぎてたのね


「瑠璃の島」で思いっきりヤラレて以来、元々大人びた風貌の子だったせいか 逆に20歳過ぎた事に全く気づいていなかった。


ま、そんな事はともかく


全4話のうち3話までは「心霊写真探偵」みたいな感じで楽しめたのだが 4話目で尻切れトンボになった感が否めない




小暮写眞館

「藤井武美」


小暮写眞館

「松下由樹」




小暮写眞館


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『成海璃子』関連の記事

コメント

4話目のテイストの違いは確かにw
よく解釈すれば家族の心の再生なんでしょうが。

PS
リアル~完全なる首長竜の日の完成披露試写会を見てきました。
舞台挨拶の綾瀬さんの天然ぶりは飽きているでしょうから省略(笑い

今回原作は未読なのですが映画の内容は
前半のどんでん返しは薄々気がつきます。特に横溝ファンなら(笑い
後半のアクションのリアルさは必要性が??? やけにリアルです。
結構重要な伏線の回収がされてないこともありミステリーとしては消化不良の感があります。
佐藤、綾瀬ファンならラブストーリーとしては楽しめるのでしょうけど(笑
このミスの大賞らしいのですが。。。あとエンディングのミスチルの歌は(ry
まあ、感じ方は人それぞれなのでご参考まで。

★ やじ さん

>家族の心の再生

もう2・3話心霊写真探偵ネタがあっての話ならばともかく 端折った感が強いです。^^;

>リアル~完全なる首長竜の日

原作も未読ですし、たぶん読む事は無いでしょう

映画も全く期待していないのでDVD化したら見るとは思いますが、映画館で見ようとは思っていません

二話と三話は原作と順番が入れ替わっていますが、概ね原作に沿っています。
四話目も原作に沿っていますが、風子との邂逅と最後の別れがもう少し劇的かな。家族をなくした記憶の再生と、そのけじめですかね。

成海さんの役どころは、瑠璃の島と同じ環境条件の感じですが、瑠璃の島は見ていないので判断できません。まー、成海ファンの私としては、最後の正面からの映像が見れて良かったという。

★ charlestonblue さん

>瑠璃の島と同じ環境条件の感じですが

う~ん、それは同意出来ませんね

と言うか、成海ファンなら「瑠璃の島」は必見ですよ。^^

> 成海ファンなら「瑠璃の島」は必見ですよ。^^

そうか。必見ですか。box set高いんだよな。つたやにあるかな。
(買ってもいいんですが。家族に白い目で見られそう(^^;)

まー、いいけど。

★ charlestonblue さん

ええ、必見です 私はそう考えてます。^^

「瑠璃の島」手に入れましたので、連休中に可能であれば、観ていこうと思っています。
1回目の最初の10分程度を見ましたが、結構良いかもしれません。成海さんが子供してる。
私の気に入った「神童」のころよりまだ、若いんですもんね。

先日、「咲くやこの花」を見たのですが、こちらは素直な娘としての配役で、成海さんのPVとしても、
なかなか良かったです。相手役の平岡さんが「Swing Girls」に比べて大人になっててびっくり。


★ charlestonblue さん

言い出したらキリが無いんですが、私が「成海璃子」に注目したキッカケが「瑠璃の島」と「神はサイコロを
振らない」で どちらも思いっきり泣かせてもらった事でした。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。