« ネオ・ウルトラQ 第2回 | TOPページへ | 八重の桜 第3回 »

2013年01月21日

● 雑感(1月21日)


とうとうこのクソブログも3000万アクセスを超えた。



当初のSOCOMというオンラインゲームのコラムを記していた当時は 一日平均4・500アクセスで 当時としてはひとつのオンゲーに限定したサイトとしては思いの外多いアクセス数だと言われたが、一般的なHPあたりでは2~3000アクセスがあって一人前みたいに言われており、私にとっては夢のまた夢だと思っていた。


が、誤解されると嫌なので先に申し上げておくとブログのアクセス数なんてTVの視聴率と同じで数字自体には意味も価値も私は感じていない。


私は王貞治より長島茂雄をこよなく敬服しており、記録よりも記憶を大切にしたいと思っているからだ。


だから、このクソブログの記事も最近のキャプ貼って数行の感想を記しただけの記事は私自身手抜き記事だと思っているし、私としては私の記憶にある事を文章化して残す事、それが長く誰かの心に残れば一石二鳥で万々歳のはずなんだけど どうもこのところ思うようにままなっていないのが口惜しい。




昨年の春頃から それまでと少し考えが変わり、WOWOWやBS系の番組も積極的に取り上げてみようと試みてきた。


それまでそうしなかった理由は簡単で それらの殆どがなんらかの有料放送であったから、視聴者も限られるし…なんて感じだったのだが、いろいろと聞いて見ると地デジ化の影響でTVを買い換えた結果 そういった有料BS系の視聴者が急増したのだそうで、であれば…というのが理由である。


で、昨年末頃から そういったBS系で不思議と私には面白いと感じられた映画が放送され 中にはちゃんとDVDを持っているのに、パソコンで作業する時のBGM代わりに見ていると あらためて見るとやっぱり面白く、結果的にPCの作業が遅れる


それらの中には80年代や90年代の洋画も結構含まれていて 基本的にこのクソブログには余程気が向くか、何方かからのリクエストに気が向いてお応えする以外は取り上げてこなかったのだけど、これからは少しづつ語ってみようかなと思うところでもある。




ついでにこの場を借りて記しておくと…


インターネットをどう利用するか?とか、ネットがどうあるべきか?とか、そんな大きな事にどうこう言うつもりは無いが、このクソブログをどう利用するか?に関しては 管理人である私の勝手とも考えている。


良い機会と思うので以前にも記した事だが、あらためて私見を記しておくと 例えば、ネット上の匿名性を利用し中傷誹謗するのは卑怯な事だと私は考えているが 従来からこのクソブログにコメントを寄せられる際に「通りすがり」とか「aaa」みたいなハンドルを用いて投稿されたコメントは 中身が良い事でもくだらない事であろうとも、一切読まずに迷惑コメントとして処理させて頂いている。


ゆえに、


「時折 折角コメントを入れたのにレスが無いのは無礼だ」


とか、


「管理人の好みで投稿の公開・非公開を決めているのは卑怯だ」


といった内容のコメントやメールを頂戴するけど このブログはクソブログではあるけれども「何処かの匿名掲示板とは違うんだバカヤロウ」とお応えする他無い。


また、私が個人的に嫌っている俳優やタレントに関して私が記事中で誹謗中傷していると怒って抗議される方が希に見受けられるが、私は私個人の感想としてこのクソブログ内でのみ記しているのであって「ネット上の匿名性を利用した抗議にいちいちかまってられるかバカヤロウ」とお応えする他無い。


それと、逆に私が好んで記している数多の俳優の中の一人だけを盲目的に誉めあげる為にだけお越し下さる方も私は嫌いです。


何故、私が盲目的ファンを嫌うのかはご面倒でも過去記事を眺め回せば所々に埋まっておりますので御参照願うとして、要点だけを記しておくと 例えば、Aという俳優がいて その一挙手一投足に貴方が夢中になるほど惹き付けられて そのAの何かをキーワードに検索した結果、運悪くこのクソブログがヒットして訪れて下さった方が思いの外多いのだが、仮に 貴方がどんなにAを好んでいるからと言って Aとはライバル的な存在である俳優BやCと比較してAを誉めあげ、BやCを貶すのは、Aに対して興味の無い人達や それほどフアンでも無い人達からすれば「へぇ、じゃ私も応援しよう」とはなり難く、むしろ「Aのファンってウザいね」と反感が募り やがては「Aは嫌い」へと簡単に繋がっていくのが過去の例に枚挙の暇が無い事に気づくべき と。


つまり、私の中で「盲目的ファン」という定義は


「特定の俳優やタレントを誉めあげるだけで批判を許さない輩」


というものであり、フアンであればこそ時には文句や批判も言うべきと考える私とは相容れない考え方なんだな。


だから、私が個人的「お気に入り」とカテゴリーを設けている俳優のフアンから


「一緒に@@ちゃんを応援しましょう」


なんてコメントで呼び掛けられても せいぜい、


「どうぞ御自由に 私も勝手にやりますから」


程度にしか応えないし、私の人生経験で言えば 気安く誰かを巻き込もうとする輩は簡単に裏切るし投げ出すアホが多いので そんなのと付き合ってる暇は無いんだな。




さて、この記事の最後として…


このクソブログの初期の頃の記事を読んでいない方の多くは このクソブログはブタネコが勝手に気に入った俳優が出演するドラマや映画のサイトだと思い込んでおられ、若干だが そのその合間にブタネコが撮った写真を見せびらかして悦に入っているサイトだと認識しておられる方が多い


でもね、本当は このクソブログはブタネコが好き勝手な事を上から目線で見下してモノを語るサイトなんだって事を どうか心の片隅にでも置いておいて頂きたい。


すっかり、政治ネタとか社会ネタを語る記事を掲示せずにきた私の責任が大である事は自分でも気づき反省しているところでもあるんだけどね。


で、昨年末の大晦日に掲示した記事にも記したように 今年はそういう記事を積極的に掲示しようと心に決めたのだが1月20日の時点で まだロクに掲示していない今日この頃で 自分自身に対して「なんだかなぁ」と思う今日この頃だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2013年)』関連の記事

コメント

頑固で偏屈なおっさん(←ここ重要)が好き勝手な事を吠えるって看板に書いてますもんねw

だってブタネコさんなんだもん♪

ブタネコさんのいつものペースで今後も宜しくお願いします(´ー`)ノ

>「なんだかなぁ」と思う今日この頃だ。

らしくないのぉ~弱気じゃのぉ~って某狂団の狂祖様に言われちゃいますよw

まだまだお迎えには早いですよ~ヾ(´▽`;)ゝ

★ Wen さん

>某狂団の狂祖様

生きてるの? アイツまだ生きてるの? …なんてね。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。