« 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU (12月22日放送) | TOPページへ | キミノアト »

2012年12月23日

● 平清盛 最終回


大河ドラマ「平清盛」最終回を見た。




平清盛

平清盛




平清盛

「松山ケンイチ」


平清盛

「塚本高史」


平清盛

「高杉亘」




例えばの話だが、歴史物の小説をいくつも読んでいくと とても興味深い事は「誰が主人公なのか?」によって ともすれば歴史認識がガラッと変わる様な描かれ方に遭遇する。


判りやすく言えば、「徳川家康」が主人公のものを読む時の「織田信長」「豊臣秀吉」「石田三成」と、「織田信長」や「豊臣秀吉」や「石田三成」が主人公での「徳川家康」の描かれ方の違いなんかは特に顕著


この「平清盛」の時代で言えば「平清盛」と「源頼朝」どちらが主人公で描かれるのかでかなり違うし、「源頼朝」が主人公か「源義経」が主人公なのかでは さらに違う。


そんな観点で私は この「平清盛」に関し、ひとつ興味深く注目していたのは「源頼朝」が本来であれば殺されていても不思議では無かったのに、助命・流罪にされていた…という史実に対し ちょうどその時期を記した今までの歴史小説の殆どは不思議な事にあまり深く触れようとしてこなかった点で その辺をどう描くのか? と。


で、見終えた結論から言えば 頼朝関連や、特に義経がらみは わざわざ役者を揃え、それなりの時間をかけて いろんなシーンを盛り込んでいたけれど、その殆どが無くてもいいシーンばかりだったな… だ。


結局、見終えて残ったモノと言えば、「白河法皇」や「後白河法皇」が「魔物」とか「もののけ」みたいな人物だった…みたいな事だけなんだな


これは実に惜しい。


あくまでも個人感で言えば、後の歴史に織田信長が比叡山を焼いた件があるが 単純に寺社仏閣を焼いた…と言えば 現代人にとっては放火犯的犯罪者と短絡的に受け止められかねないけど、重要な事は「僧兵」の存在で それが歴史小説上に登場し始めるのが ちょうど平清盛を描いたものあたりから


つまり、「平清盛」の時代って単純に平氏vs源氏という対立だけではなく、「朝廷」と「寺社」の存在と それらとの絡みや対立がもっと描かれていれば、仮にこのドラマがクソドラマでも後の室町や安土桃山の時代を知って楽しむ上では大いに参考になったのに…と、残念に思うんだな。


平清盛


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『平清盛』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。