« 吹雪の中のヤマセミ(2012年冬) | TOPページへ | 悪夢ちゃん 最終話 »

2012年12月22日

● ブタネコ的2012年邦画アカデミー賞


毎年恒例の個人的映画感想総論という事で…




12月も20日を過ぎ、今年中に映画館に行く予定や新作映画を見る予定も無くなったので 毎年恒例の好き勝手を記してみようと思う。


ちなみに、今回の対象作品は


   ● アンダルシア 女神の報復

   ● もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

   ● 日輪の遺産

   ● 聯合艦隊司令長官 山本五十六

   ● ロック わんこの島

   ● 都市霊伝説 幽子

   ● 探偵はBARにいる

   ● モテキ 劇場版

   ● アンフェア the answer

   ● 指輪をはめたい

   ● 神様のカルテ

   ● スマグラー

   ● 夜明けの街で

   ● ツレがうつになりまして。

   ● はやぶさ/HAYABUSA

   ● 一命

   ● サラリーマンNEO 劇場版

   ● ステキな金縛り

   ● ワイルド7

   ● アントキノイノチ

   ● 極道めし

   ● ハードロマンチッカー

   ● スイッチを押すとき

   ● キツツキと雨

   ● カルテット!

   ● 麒麟の翼

   ● ラビット・ホラー

   ● RAILWAYS

   ● カイジ2

   ● ヒミズ

   ● FLY!

   ● しあわせのパン

   ● 幸運の壺

   ● ロボジー

   ● 桐島、部活やめるってよ

   ● ALWAYS 三丁目の夕日'64

   ● 逆転裁判

   ● 種まく旅人

   ● 踊る大捜査線 THE FINAL

   ● ウタヒメ

   ● 荒川アンダーザブリッジ

   ● 僕達急行 A列車で行こう

   ● アフロ田中

   ● 貞子 3D

   ● ツナグ

   ● HOME 愛しの座敷わらし

   ● 鍵泥棒のメソッド

   ● アウトレイジ ビヨンド

   ● SPEC 天

   ● 悪の教典-序章-

   ● ポテチ

   ● セイジ -陸の魚-

   ● マメシバ一郎

   ● 愛と誠

   ● 外事警察 その男に騙されるな

   ● 悪の教典

   ● GIRL

   ● 僕等がいた

   ● グッモーエビアン!

   ● カラスの親指


上記60本


リストを上から順番に眺めながら特に評価に値するものをピックアップすると…

☆ 日輪の遺産

  この映画で記憶に残っているのは堺雅人とユースケ・サンタマリアの好演


☆ 聯合艦隊司令長官 山本五十六

  この映画で記憶に残っているのは阿部寛の好演とCGの発達による 今後の戦争映画への期待


☆ 極道めし

  この映画のタイトルを見ると、木村文乃の好演ばかりが思い出される


☆ 桐島、部活やめるってよ

  ラストの描き方はともかくとして面白かった。


☆ ツナグ

  期待外れな部分が多かったけど、監督がクソのわりには良かった


☆ 鍵泥棒のメソッド

  この映画も堺雅人の好演と監督による好演出・構成が記憶に残る


☆ アウトレイジ ビヨンド

  三浦友和と小日向文世の演技が光っており、予想通りの面白さだったが、予想以上の面白さではなかった


☆ ポテチ

  木村文乃の演技が秀逸すぎて…


☆ グッモーエビアン!

  キャスティングの妙が光った面白さだった


☆ カラスの親指

  もうちょっと…という物足りなさがあるものの、能年玲奈に高い将来性を感じた




…というわけでブタネコ的2012年邦画アカデミー賞は 


    ● 主演男優  「鍵泥棒のメソッド」の「堺雅人」


    ● 助演男優  「アウトレイジ ビヨンド」の「小日向文世」


    ● 主演女優  「ポテチ」の「木村文乃」


    ● 助演女優  「グッモーエビアン!」の「三吉彩花」


    ● 新人    「桐島、部活やめるってよ」の「清水くるみ」と「カラスの親指」の「能年玲奈」


    ● 最優秀作品 「グッモーエビアン!」




【総評】


主演男優は「グッモーエビアン!」や「探偵はBARにいる」の「大泉洋」も良かったので悩んだが、幅の広い演じ分けを評価したくて「堺雅人」


助演男優は「ツナグ」の「遠藤憲一」も良かったと思っている。


主演女優に関しては「ポテチ」において「木村文乃」が主演か否か意見のあるところとは思うが、あえて私は「木村文乃」だったと決めつける。


助演女優は「グッモーエビアン!」の「麻生久美子」や「ツナグ」の「桐谷美玲」も候補だったが、「グッモーエビアン!」の「三吉彩花」がとにかく良かった


新人に関しては「三吉彩花」「清水くるみ」「能年玲奈」の3人しか思い浮かばなかった


で、最優秀作品に関して言えば 正直に言って他の候補作よりも「グッモーエビアン!」が最も近々に私が見た映画なのでそれだけ印象がまだ強く残っている事は否定出来ない。

が、他の候補作と比べて(おそらく)低予算で 変に番宣で煽ったりせず、キャスティングのハマリ具合は間違いなく今年度最高だった事を高く評価したい

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『邦画』関連の記事

コメント

もう今年は映画を見る予定が無いので私の中でも最優秀作品は「グッモーエビアン!」で決まりです。

他の賞も「主演男優」と「助演男優」以外は同意見ですね。

「主演男優」の堺雅人に関しては私の中でちょっとハードルが上がってしまっていて、大泉洋より幅広い演技というのには勿論賛成なんですけど、私が見た映画「鍵泥棒のメソッド」と、あと一つ(ブタネコさんのリストに無いので作品名は伏せておきますが)ではそのハードルを越えなかったかなというのがありましたので(偉そうに上から目線でスイマセンが)、私は、予想通りの演技なんだけど予想を越えて良かったので「探偵はBARにいる」「グッモーエビアン!」の大泉洋を推したいです。

「助演男優」も他にいるんですが、やはりまだブタネコさんが見ていらっしゃらないようなので伏せときます。

私的には橋本愛を今年はたくさん見たんですけど、これといった決定打は無かったかな・・・来年の「さよならドビュッシー」に期待です


>他の候補作と比べて(おそらく)低予算で 変に番宣で煽ったりせず

実は「グッモーエビアン!」は今日新宿で1000円で観られたんです。

別にそれを知ってたから今日観たわけじゃないですし、1000円というのも映画館の何かのサービス日ってだけだったんだと思いますが、こういう作品なら1800円どころか2000円でも3000円でも良いんですけどね。

それに比べて「アンフェア」とか「悪の経典」とか・・・金返せ、どころか時間も返してほしい。

★ うごるあ さん

>「鍵泥棒のメソッド」と、あと一つ

「その夜の侍」でしょうか? たしかに見たかったんですけどね、映画館に問題があって見れませんでした

>「助演男優」

教えて下さいよ^^

>2000円でも3000円でも良い

そうなんですよね 同感です。

>「その夜の侍」でしょうか? たしかに見たかったんですけどね、映画館に問題があって見れませんでした

あ、そうなんですか。ブタネコさんお気に入りの役者が多く出演しているこの映画の記事が無いのは何でかなと疑問だったんです。

>教えて下さいよ^^

えー?止めときます♪ あ、でも先のコメントで紛らわしい書き方だったかもしれないですけどね、一緒ですよ、作品は。主演男優のものと。

★ うごるあ さん

なるほど、なんとなく判った様な気がします スッキリしました。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。