« 綾瀬はるか KFC CM | TOPページへ | 第54回 輝く!日本レコード大賞 »

2012年12月30日

● 2012年ブタネコ的TVドラマ大賞


2012年に放送されたTVドラマに関して 個人感を偉そうに語ってみる。^^;




あと数本、10~12月期の連続ドラマが最終回を迎えていないが、現時点で余程のどんでん返しが生じない限りドラマ総論の感想は大きく変わらないと思うので、タイミング的にもそんなに問題は無かろうと判断し記す。




ここ数年、WOWOWやNHKの製作ドラマの質的向上が感じられ 今年も良作がいくつかあったが、民放各局においては相変わらずクソドラマが圧倒的に多かったなぁ…というのが実感だ。


特に、主役に起用する人物の人気ばかりを重視し ドラマの内容の良し悪しより、その主役の固有の役柄にあて書きした結果、原作の主人公像やティストなんかお構いなしの製作姿勢に辟易とさせられるものがどんどん増えてきている様にすら感じている。


が、まぁ、そんな文句はさておき…


今年放送されたドラマの中で個人的に傑作、もしくは面白かったと感じたモノをピックアップすると…


  ● とんび


  ● リーガル・ハイ


  ● あっこと僕らが生きた夏


  ● 永遠の泉


  ● 疑惑


  ● 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵




というわけで、ブタネコの個人感で選出した2011年のTVドラマ大賞は


     主演男優賞 : 「リーガル・ハイ」の「堺雅人」


     助演男優賞 : 「とんび」の「神山繁」


     主演女優賞 : 「疑惑」の「尾野真千子」


     助演女優賞 : 「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」の「木南晴夏」




個人感的総評を記しておくと…


今年のドラマの中で主演男優賞は「堺雅人」以外に思い浮かばない。


助演男優賞に関しては他にも候補が何人も居るんだけど、この記事を記すに辺り 今年見たドラマのリストを眺めていて 最も私に印象強かったのは「とんび」の正確に言えば「助演」というよりも「脇」の住職役を演じた「神山繁」のシーンで思い出しただけでも泣けたから ゆえに、1月からその「とんび」を連続ドラマで放送しようとしている連中には虫酸が走りまくって仕方が無い。


主演女優賞に関しては やはり、今年見たドラマのリストを眺めていて疑惑の悪女を見事に演じた「尾野真千子」以外に無い。


助演女優賞に関しては 例えば「リーガル・ハイ」の「新垣結衣」とか、こちらも他にも候補が何人も居たが、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」の「ムラサキ」役が「木南晴夏」である事がドラマの面白さのかなりのウエイトを占める事を考えると 他の女優ではこの役は務まらない

それに対して他の助演女優賞の候補は「その子がその役じゃなきゃ」と考えた時に木南晴夏ほど「この子じゃなきゃ感が薄いと感じたのが理由。


作品賞はあえて記していないけど、WOWOW系で今年も数本面白いドラマがあったのを高く評価したいが 民放地上波系は「なんだかな」感ばかりが一昨年より去年、去年より今年と増すばかりな事に残念と言うより呆れている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『TVドラマの感想』関連の記事

コメント

今年はあまりのドラマの質の悪さに
ドラマ大賞は開催されないのかと思ってましたw
概ね同意ですが、「疑惑」は女弁護士が(ry
やっぱり岩下ー桃井の映画verと比べてしまいます。
二人とも巧くないと相乗効果が出ないいい例です。
あと、「とんび」の小泉さんは助演女優賞あげてもいいかな。
堺さんについては無問題。
特に9話の10ページに渡る長セリフはドラマの歴史に残るのではないでしょうか。
個人的には「ストロベリー・ナイト」が久々に嵌ったドラマでしたが
人それぞれということで。
では、よいお年を。


★ やじ さん

「高校入試」の最終回に期待していたのでここまで待ってたんですが、予想通りの尻すぼみでした

>「疑惑」の女弁護士

仰る事には一理あると思います

>「とんび」の小泉

たしかに候補の一人でした

>「ストロベリーナイト」

私が金八アレルギーじゃ無ければ 話は違ったかもしれません


こちらこそ 来年も宜しくお付き合いの程を^^


こんばんは。全てまるっと同意です。特にオノマチが主演女優賞に選ばれたというのが個人的に嬉しいです。まあ実力から言っても当然でしょうか。「疑惑」の演技に対しては賛否両論あるようですが、私はブタネコさんのおっしゃった通り、全ての場面でオノマチが生きてると感じましたので「賛」です。とても魅力的でしたしね。ところで、ドラマ全体の質が確かに低下していますね。私は大手タレント事務所の言いなりにテレビ局(NHK含む)がなっている事が原因の一つだと思います。って言うか制作サイドの姿勢が1番の原因ですかね?
さて、今年も残り数時間となりました。ブタネコさん、良いお年を。
そして、来年もよろしくお願い致します。


★ ココクロコ さん

ココクロコさんにも良い年でありますように

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。