« 北川景子 「α NEX-5R」CM | TOPページへ | GIRL »

2012年11月27日

● ヒトリシズカ 最終話


WOWOWで放送されているドラマ「ヒトリシズカ」の最終話を見た。




ヒトリシズカ

ヒトリシズカ


ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ


「夏帆」


最終回まで見終えて感じた事は やはり、原作者の誉田哲也らしい終盤での手抜き感


途中まではなかなか良いんだけど、ラストが「へ?」って感じなんだな




【※注意!!】 ここから以下の記事文中にはネタバレが含まれています。




ラス前及びラストにバラバラに見えた背景が一本にまとまる構成なのであれば 例えば1話の高橋一生や第2話の新井浩文あたりも最終話に登場して良さそうな気がするし、松重豊や長塚圭史が演じた人物達の過去って何の意味があったのか?とか… 


折角、良い感じで流れてきたのに 本来はグッと締めるはずの終盤でポロポロといろんなものがこぼれ落ちたりほったかされていく残念感は まさに誉田哲也の警察物らしいと言えばそれまでなんだけどね。


映像的な部分で言えば 各話毎に年代が違っている構成なのは判るが、


ヒトリシズカ


「夏帆」の老け方が今ひとつ


が、まぁ、面白かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『夏帆』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんにちは^^


最終回はなんだか気が抜けてしまいました。
置いてけぼりを食らったような気分というか・・・。

原作は読んでいないのですが、置いてけぼりがちょっと悔しいので、読んでみようかどうしようか・・・思案中です。

私は第3話までがとても怖かったです。
静加が何を考えてああいう行動をとっているのかが全く想像できなかった。

でも最終回。
結局、大切な誰かの為に自分の身を隠す・・・それに徹した人生なのかもしれないなと感じて、切なくなりました。
すこし「白夜行」の亮司を思い出しました。

かなりわかりにくい作品でしたけど、そこが面白さなのかもなと思います。

★ slan さん

私も原作を読むかどうか悩んでいます と言うか、読む暇が無いんです

いま、宮部みゆきの「ソロモンの偽証」を読んでるんですが長いんですよ^^;

録画していた残り三話を見終わりました。
原作通りorz
前半三話の出来がそこそこだったので
ラストを変えてくるかなと思ったのですが
そのままでした。
映像のカット割りや音楽は良かったので残念です。
同じ原作者の映画の「インビジブルレイン」もそのままぽいので不安ですw

★ やじ さん

残念でした。

しかしながら、それなりの収穫もあったような…


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。