« 2012 初霜 | TOPページへ | 大森南朋 と 長澤まさみ CM »

2012年10月29日

● ダブルフェイス


TBS系で放送されたSPドラマ「ダブルフェイス 潜入捜査編」とWOWOWで放送された「ダブルフェイス 偽装警察編」の録画を一気見した。




ダブルフェイス

ダブルフェイス


それぞれ別の放送局で放送されたものなので 別個に記事を記そうかと思ったが、「潜入捜査編」が前編的内容で「偽装警察編」が後編的内容なので併せて記す事にした。


ダブルフェイス


最近のTVドラマとしてはなかなか上質な出来で楽しめたのは ひとえに「西島秀俊」と「香川照之」 どちらも巧い役者で対比構造が効果的だった事もあるが、どちらかと言ってWOWOW系の良質サスペンスの製作姿勢が功を奏していると思われ、TBS系だけの製作だったらこんな出来に仕上がるのは奇跡に近いとさえ思う。


ただ、個人的に気になる点を二つ明記しておくと ひとつは気のせいかもしれないし、勘違いかもしれないが、数年前に似た様な設定の韓流ドラマか映画の宣伝を見た様な気がしてならず、仮にそれが気のせいでも勘違いでも無ければガッカリだな…と。


そして、二つ目は ここ最近のWOWOWが製作するドラマは少しづつハズレ率が上がってきている様な気はするが、それでも地上波民放の製作よりもはるかに硬質で上質な出来なものが多いのだけど、その大きな要因は「スポンサーの御意向」とか「局としての体質」とか「視聴率」など 視聴者には関係の無い余計な事への配慮ばかり一生懸命で それがゆえにドラマのクォリティを下げる原因になっている事に気付けてない民放各局の製作姿勢にあると私は勝手に決めつけているのだが、そんなTBSとWOWOWが共同製作とか提携とかがこのところ増えており、それがWOWOWの製作ドラマに悪影響を与えていないかと危惧するんだな


が、そんな事はとりあえずおいといて…


あえて、前編・後編と呼ばせて貰うが この2本のドラマの総論的感想としては


ダブルフェイス

ダブルフェイス


温和な様に見える表情だが、目だけは全く笑っておらず、ニコニコしながら冷徹な言動をする不気味な人物を「小日向文世」ほど巧く演ずる俳優はいないだけに キャスティングとしては秀逸だが、「香川照之」に関してはけっして下手くそではなく むしろ巧い俳優ではあるんだけど 彼の場合、このところドラマや映画に出演しすぎで新鮮味も欠けるし、何より気のせいか「疲れてるんじゃないの?」と感じさせる言動が目立ったのが残念


ダブルフェイス

ダブルフェイス


「蒼井優」も巧い女優だと思うし「お気に入り」ではあるが あくまでも個人感だが、この彼女のショートカット姿に馴染めない


ドラマの内容に関する感想としては「西島秀俊」が演じた人物像において 例えば、組の中でのポジションと経歴や 他の組員達との接点などに整合性が大きく欠けている為、前編においては説得力が大幅に薄い

しかしながら、それは個人的に私がそういった人々を必要以上に知りすぎている為に生じる事であって 一般的感覚で見ればよくあるドラマや映画の設定の枠内であり、

「このドラマはフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ありません」

と言われてしまえばそれまでの話でもあり、そこにリアリズムを追求したらドラマとしては成立しづらくなるだろうしね


で、その逆としては


ダブルフェイス


上のステーキ屋のシーンは とてもリアリティ度が高い。


高校生ぐらいの小僧を手なずけるシチュエーションとして そのての方々はこういう真似を好んでするんだけど こういったドラマでこんなシーンを見たのは久しくないもんね。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

コメント

それは気のせいでも勘違いでもなく、間違いなく「インファナル アフェア」のリメイクですから。

がっかりさせてすいませんが、プログラムガイドにはっきりと「インファナル・アフェア」のリメイクと書いてありました^^;
映画版を見ていたので、比較して見てしまいそうだったので、敢えてみませんでした。

★ ウォルフィー さんと ★ DEF0714 さん

いやはや、記事を記す時に番組の公式ページぐらい見ろと 他の方からお叱りを頂戴するわ
TwitterやFacebookでも御教示を頂戴するなど お騒がせして申し訳ありませんでした。^^;


ブタネコさん、こんにちは^^

もしかしたらこのドラマ、ブタネコさんはご覧にならないかもなあ~と思っていたので、ブタネコさんには不幸でしたが、そのおかげで貴重なご意見を読めて、非常にうれしく思いました。

ちなみに私は「インファナルアフェア」は知っていますが、観ておりません。
ゆえに以下の感想は、映画との比較とは全く無縁です。

 個人的には香川照之はミスキャストだったなと思います。
西島秀俊の演技って、巧い役者を引き立たせる効果があると私は思ってるんで、香川照之との対比はなかなか良かったとは思ってはいます。
だけど、もう少し同情を買える面構えのもう少し若い役者のほうが、WOWOW版の物語が映えたんじゃないかなと。
(たとえば、堺雅人とかいいんじゃないかなあ^^;)

そして、やっぱり面白い作品は"そのまま"リメイクすれば、やっぱり面白いんですねというのを原作映画のファンの方の感想を読んで思いました。
その面白い物語が、オリジナル作品として、なかなか出てこないのはさびしい限りです。

このドラマを観て、やっぱりすごいなと思ったのは、小日向文世さんです。
つい先日WOWWOWドラマ「マークスの山」というドラマを観まして、そこで小日向文世さんの演技に空恐ろしさを感じていたところだったのですが、このドラマにダメ押しされてしまいました。
しばらくは、小日向さんの笑顔を観ると背筋が寒くなるかも・・・^^;

飛ばし読みした中で、現実と照らし合わせて、警察の対応などが非現実的という感想を読みましたが、どうせ作り物なんですから、このドラマ程度の創作はもっとあっていいように思います。
何をもってして現実的というのか、にもよるのかもしれませんけどね。

★ slan さん

slanさんがそうかは別として いろんな人に誤解されている様なので説明しておきますと 私のこの記事で
の「ガッカリ」とは「なんだオリジナルじゃなかったのか」という意味だけで「韓流が…」という意味では無い
のです。

基本的に「韓国」という国は大嫌いですが「韓流ドラマ」とか「韓流映画」でも良い作品は認めますし褒めも
しております。

が、このクソブログに韓流を含めて外国映画やドラマを滅多に持ち込まないのは何故か?という部分を
どうかお察し頂きたいものです。


で、slanさんから頂戴したコメントへのレスですが…

あくまでも個人的意見ですが 私は香川照之が演じた役を西島秀俊が、そして西島秀俊が演じた役は
「安藤政信」あたりを使って欲しかったと感じています。

>香川照之が演じた役を西島秀俊が、そして西島秀俊が演じた役は「安藤政信」あたりを使って欲しかったと感じています。

読んだ瞬間、もんどりうってしまいました。

悪人面した善人→安藤政信
善人面した悪人→西島秀俊

・・・さ、さすがです、ブタネコさん。
う~ん、是非観たいっ!

昨夜はおかげさまで、ちょっとした興奮状態になり眠れませんでした^^;

★ slan さん

最近の例で言えば

悪人面した善人>「ツナグ」の「遠藤憲一」や「尾根のかなたに」の「國村隼」

善人面した悪人>「ダブルフェイス」の「小日向文世」や「ヒトリシズカ」の「夏帆」

…ストーリーもさることながら、こういうキャスティングの妙がマッチするとクォリティは桁外れに上がり
ドラマをもっと楽しめると思うんです

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。