« 外科医 鳩村周五郎 闇のカルテⅡ | TOPページへ | パーフェクト・ブルー 第4話 »

2012年10月31日

● ポテチ


映画「ポテチ」のDVDを入手したので観た。

【※追記(11月1日)しました。】




ポテチ


基本的にこの映画は


ポテチ

ポテチ

ポテチ

ポテチ

ポテチ


「木村文乃」ファンにとってPVとしては極上の一品


というよりも、彼女の女優としてのポテンシャルの高さが充分に溢れている。


ポテチ


「大森南朋」も独特の良い味を発揮しているし


ポテチ


「濱田岳」も同様だ。


さて、内容の感想だが…


私が最も高く評価したい点は


ポテチ

ポテチ


尾崎という役に「阿部亮平」という俳優を起用した事。


上のキャプを御覧になれば判る通り、本物の選手の打席での構えであり、板に付いたユニフォーム姿 中ナントカとか、亀ナントカ等の様に如何に人気者のタレントであっても 多少囓った程度のプレイヤーとは格段の本物の選手の雰囲気であり そうでなければ「憧れの選手」と台詞で何度塗り重ねても「なんだかな」感で台無しになるところだった。


それと、私はこれまで「中村義洋」という監督を酷評した事が何度かあるが この映画における


ポテチ


「中村義洋」本人の素人演技を見て ちょっとだけ見直した。


それと…


ポテチ

ポテチ


尾崎をハメようとした女の子… 気になって調べてみたら映画「桐島、部活やめるってよ」において「沙奈」役を演じた「松岡茉優」って子だったのね


ちなみに映画「桐島、部活やめるってよ」の「沙奈」って子は いつも「山本美月」が演じた「梨紗」と行動を共にし、「宏樹」の彼女でビンタされた子


それが判った時、この「ポテチ」での役柄の違いと演じ分けに唖然とした。




【※追記(11月1日)】


「燃える映画軍団」さんより寄せられたコメントに関して確認してみましたが たしかに「竹内結子」のようでもあるし、そうとは言い切れないところもありますね


ポテチ


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村文乃』関連の記事

コメント

>「木村文乃」ファンにとってPVとしては極上の一品
>というよりも、彼女の女優としてのポテンシャルの高さが充分に溢れている。

ですよねー。彼女はこういうちょっと気の強い感じの役の方が似合っていると思います。

>台詞で何度塗り重ねても「なんだかな」感で台無しになる

こういうところで作品がワンランク上がったり下がったりするという事が分からない製作者もいますけどね。

どうせなら球場ももうちょっと何とかならなかったかな、とは思いますけど、しょうがないのかな・・・


上映時間も1時間ちょっとで無理に2時間に延ばさずに良かったと思います。


>「桐島、部活やめるってよ」において「沙奈」役を演じた「松岡茉優」って子だったのね

これは全然気づきませんでした。ホント、こういうのよくお気づきになりますよねー。

★ うごるあ さん

>「木村文乃」

ドコモのCMでの雰囲気が好評だったせいか なかなか明るい性格の役柄に恵まれてなかったように
思ってましたが、彼女の笑顔は見てるこっちも元気が貰えていいですよね

>「球場」

昔の印象しか記憶にないせいか てっきり「宮城球場」だと思って見てましたが違ったんですね
御指摘頂いて調べてみて初めて知りました。

>「松岡茉優」

実は以前何かのドラマか映画でちょっとだけ惹かれた子かな?と調べてみて その子とは別人だった
んですが、経歴を見て初めて判り唖然としたんです 全然、別人ですよね


木村文乃が飛び降りようとしているシーンで、下から見上げる中村監督の横を通る女が竹内結子(ノンクレジット)だと公開当時話題になってました。
自分はそのシーンを再見する為だけに2度劇場に足を運びました。
ぜひ再確認ください。そしてできればキャプ画を!!

★ 燃える映画軍団 さん

私なりに確認してみましたが 何とも言い切れません

御要望通り、キャプを追記しましたので御確認下さい


キャプありがとうございます。その画の人こそ竹内結子です。
こちらに出てますね。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120513/ent12051323300015-n1.htm

ブタネコさん、こんにちは!

それは確実に竹内結子さんですよ~♪

ご本人がカメオ出演していると、公開当時におっしゃっていました^^
ほんとに数秒のためにロケに出かけられたそうで、ぜひ見つけてくださいとコメントしてました。

すごい、よく見つけられましたね~!

★ 燃える映画軍団 さん と slan さん

やっぱ、これがそうなんですね

もっとクッキリした画像を捕りたかったんですが、色々とやってみたんですが 追記で貼ったものが
これでも一番良いものなんです ごめんなさい


へー、そうなんですか、話題になってた事すら知らなかった・・・


うーん、何か違う気がするのは私だけなのかなぁ・・・

関係者が明かさなければ、見た観客の口コミで、っていうのなら全然構わないんだけど、出演者が舞台挨拶で明かすってなると何かあざとい宣伝っていう気がしてしまいます。

そんな事をしなくても十分良い映画なんだから。

これが同じ監督が過去に撮った作品から、例えば竹内結子が出ていたとして、ちゃんと「お遊びですよ」って分かる形で彼女を出したんであれば何も思わないと思うんですが。

★ うごるあ さん

教えて貰った産経の記事を読んで 私も「新手の営業戦略」で巧いけどセコイなぁ…とも感じました。

ちょっと残念な気分です 

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。