« 夏帆 CM | TOPページへ | 悪夢ちゃん 第2話 »

2012年10月21日

● 悪の教典-序章-


映画「悪の教典」の序章ドラマがBeeTVにて「悪の教典-序章-」として配信され、そのDVDを入手したので見た。




悪の教典-序章-


映画「悪の教典」に関しては既に原作を読んでおり、原作の内容は尻すぼみ感の強いものだったけど そこそこ楽しめたのと、映画のキャストに「小島藤子」や「藤井武美」の名前があった事から個人的に楽しみにしている。


原作を読んだ限りでは ストーリー性に面白さを感じるのだが、劇場予告など番宣では「生徒全員皆殺し」みたいな言葉をウリに かつての「バトルロワイアル」みたいなイメージを先行させているのが引っ掛かってはいる。


で、「悪の教典-序章-」だが…


悪の教典-序章-


「中越典子」


悪の教典-序章-


「高杉亘」


悪の教典-序章-


「吹越満」


感想として特筆すべき事は


悪の教典-序章-

悪の教典-序章-


「中越典子」の二役の演じ分けが見事だった事と 「高杉亘」の「園田」というキャスティングに そうきたかと嬉しかった事。


伊藤英明も男気だの肉体美だのをウリにするより、よほどハマり役だなと思った。


で、この-序章-に関しては気にならなかったが、監督が三池崇史という点に ただバイオレンスなシーンばかりを撮りたがる傾向が強いので いささかそれが裏目にならない事を祈っている。


ちなみに、DVDの特典映像より


悪の教典-序章-


「小島藤子」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小島藤子』関連の記事

コメント

悪の教典〜序章〜で伊藤英明の肉体美はみれますか?


悪の教典-序章-は原作のものではないのでしょうか?

映画を観る前に-序章-を見るほうがいいでしょうか?

★ ゆりい さん

>肉体美

興味が無いので判りません


>原作

読んだのがずいぶん前なので記憶が朧気ですが、ある程度は沿っているけど時系列が微妙に違う様な
気がします


>観る前

何とも言えませんが 見るなら前に見た方が楽しめる様な気がします


ブタネコさん、こんにちは^^

WOWOWで放送されたので、序章と共に録画で見ました。
原作は未読だったので、序章から見たのですが正解でした。
あちらの方がまだ貴志祐介っぽかったかなあ。

私も三池崇史監督はいつも途中で飽きてしまいます。
今回もやっぱり^^;

伊藤英明は普段から胡散臭い笑顔だと思っていて、今回の役にはまってたなあと思います。
途中、自分は快楽殺人者ではないと思っている風のシーンがありましたが、後半本当に楽しそうなので、すっかり快楽殺人者だと思ってました。
でも、原作は違うんですねえ。

ちょっと読んでみようかなという気になりました。
しかし、「脳男」であんまり作者が楽しそうに拷問シーンを書いていてうんざりしたので、二の足を踏んでしまいます。

見ながら15年くらい前だとハスミンは西島秀俊かなあと思ったり^^;

★ slan さん

序章はサスペンス風味で 本編はバイオレンス風味なんだと思いますが、あくまでも私の個人感として
は 三池崇史のバイオレンスとやらは面白いと感じた事が無いので 序章の方が面白く楽しめました。

原作は どちらかというと序章の様なサスペンス風味の方を強く感じ私はそこそこ面白いと感じました。

>快楽殺人

原作のハスミンは殺人を楽しんでいるというよりも ハスミン独自の生活感を楽しんでいる様な感が強く
本編の楽しそうに殺す伊藤英明は 微妙に違うと感じました

ブタネコさん、こんにちは^^

分かりやすい解説ありがとうございます。
なるほど、やっぱり序章のほうが原作っぽいんですね。

貴志祐介は「新世界より」という作品が面白かったのと、文体が好みなので「悪の経典」も読んでみたいと思っていたんです。

昨日、公式サイトで第1章のみ無償ダウンロードできたので、ちらっと読んでみました。
ハスミンの一人称だったので、これは面白そうだなあ~と思いまして、さらにブタネコさんのこの解説を読んで、ますます興味がわいたので読み始めました^^


前回、「脳男」は違う作家の作品だということを書き忘れてしまいました^^;
混乱させてしまったかもしれません、ごめんなさい。
違う作家だという認識はあります。

「脳男」に登場する鈴木一郎はもともと自閉症で自分の意志を持たない人物でした。
彼は、悪い人間を抹殺しろという動機づけをされたことによって、自分自身を維持するために殺人を繰り返しますが、そういうタイプと、ハスミンのようにただ単に感情がないタイプのサイコパスを対決させるとどちらが強いんでしょうね。
本編を観ながらそんなことを考えていたので、ついつい「脳男」の話を出してしまいました。

まあ、どちらも想像の産物で、この比較自体が妄想ですけど^^;

★ slan さん

「新世界より」と「悪の教典」の著者が同じだと 頂戴したコメントで初めて気づき「へぇ~」って感じです

とはいえ「新世界より」は原作未読でアニメを見た…なんですけどね。^^;

>鈴木一郎vsハスミン

鈴木の方が強いんじゃないかと愚考します。

理由は ハスミンの屁理屈を鈴木は全くスルーすると思うので…って これじゃ答えになってませんね。^^;


ブタネコさん、こんにちは^^

「新世界より」アニメご覧になりましたか!
私は残念ながらまだ見ていないのですが、絵柄がちょっとええっ!!という感じです^^;
楽しめたのでしょうか?
だったらぜひ原作もと思います。
現在、前日譚(「新世界より」の1000年前のお話)「新世界ゼロ年」が連載中だそうで、楽しみにしているところです。


>鈴木一郎vsハスミン

実は私も鈴木だと思うんですが、ブタネコさんの理由はかなり的確な気がします!

★ slan さん

アニメに関しては そこそこ面白かったんですが 後半、かなり展開が端折られた感が強いのと
なんかストーリーに馴染めないところも多々あるので原作を読む気力がありません。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。