« 木村多江 CM | TOPページへ | 分身 »

2012年09月10日

● 高倉健スペシャル(9月8日放送)


9月8日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀「高倉健スペシャル」』を見た。




高倉健スペシャル

高倉健スペシャル


高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル


高倉健スペシャル高倉健スペシャル


高倉健スペシャル高倉健スペシャル

高倉健スペシャル高倉健スペシャル


高倉健スペシャル

高倉健スペシャル

高倉健スペシャル

高倉健スペシャル

高倉健スペシャル


この番組を見ていて 率直に言って「健さん老けたなぁ…」と思った。


が、「老けた」と一言で言っても「老いた」と言うのとは少し意味が違う。


見た目は年相応の老化なんだけど、目の輝き、気迫は へたな若者なんか到底敵わない。


そんな健さんの格好良さとか渋さは無理でも 気迫だけは身につけたいと私は願う。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『役者・タレント』関連の記事

コメント

健さんも年相応。だれも年をとるわけです。
私が映画館に見に行った最初の健さんはたぶん野性の証明でしょう。
テレビで見たのが、荒野の渡世人、ザ・ヤクザ、ゴルゴ13、新幹線大爆破・・・
「星を食った男」(イタチ男・潮健児)に、健さんの陽気な部分が描写されてましたが、
網走番外地シリーズでは陽気な部分がでてました。
もしもトラック野郎シリーズがもっと続いていたら健さんがデコトラで登場ということもあったのかもしれませんね。
トラックの後ろには当然、「死んで貰います」のペイント・・・。

先日、ブタネコさんが紹介なさっていた「金田一です。」を手に入れて読んでみました。
よい本でしたが、もうちょっと分量があってほしかった感じがしました。

先ほどインタビュースペシャルのほうも
見終わりました。
俳優としての理想、人生の理想の例で「ジャン・ギャバン」と「イヴ・モンタン」の下りは興味深かったですね。
「あなたへ」は完成披露試写で見たっきりですが
田中さんの歌、たけしのオチと佐藤さんのオチの対照性が
印象に残っています。
もう一度見に行こうと思っています。

★ 支店長 さん

野生の証明から30数年が経つんですね どうりで薬師丸ひろ子が老けてるはずです

>「金田一です。」

市川崑の金田一シリーズ好きにはバイブルな一冊ですね


★ やじ さん

「あなたへ」を今日見てきました 数日中に感想記事を記そうと思っております


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。