« 丘珠駐屯地創立59周年記念行事 | TOPページへ | オールスター感謝祭2012 秋 »

2012年09月30日

● 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU (9月29日放送)


心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU (9月29日放送)を見た。




心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU


心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『先輩ROCK YOU』関連の記事

コメント

初めまして、ブタネコさん。
ブログ、毎日楽しみに拝見させて頂いております。
小生も木南晴夏大好物の一人なんですが、堤幸彦×木南晴夏で「もしもキミが。」のコメントが無いのはどうしてなんだろうと疑問に思っております。
ブタネコさんほどではないですが、お気に入りの俳優、監督さんのDVDは集めていまして、木南晴夏ものとしてはかなり気に入っています。演出の妙もあって、朗読劇ながら舞台劇を見ているようで、またその声にも惹かれています。
気が向かれたらぜひひとつコメントお願い致します。

★ らっく さん

こちらこそはじめまして、コメントありがとうございます。

「もしも君が。」は 早い時期に入手はしていたんです。

記事にしていない理由は 基がケータイ小説で、発表当時のケーター小説特有の難病をアイテム利用と
いうありきたりなモチーフに吐き気を催したのと 仰る通り、木南晴夏の「語り」は私も大好きなんだけど
相手役に恵まれず、しかも耳障りな場面が多かった事によりウンザリしたからで今後も記事にするつもり
はありません。

ブタネコさんへ

なるほど、やはり私が想像していた通りのお返事でした。(耳障りの部分はわかりませんが)
長年このブログを愛読していて、ブタネコさんのベクトルを考えると至極筋の通ったお返事でした。
また、既に早い段階でDVDを入手なさっていた事についても(このDVDはレンタルされていないので)、このおっさん、どれだけ追っかけてるんだと(もちろん良い意味で)感心し、嬉しく思っています。
ただ、色んな事に挑戦する木南晴夏、堤幸彦にはこれからも注目したいと思っています。

愚問にレス頂きありがとうございました。


★ らっく さん

最大限のお褒めの御言葉恐縮です。^^

耳障りの部分とは 相手役の男優達の棒演技です。

実際はどうなのかは判りませんが、私には堤幸彦が木南晴夏の魅力を最も引き出してくれた演出家だと
思います。

他の番組で売れた役者のハマリ役ばかりを持ってくるのでは無く 役者の新たな魅力を引き出してこそ
有能な演出家だと私は感じる次第です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。