« 僕の夏休み 第30・31・32話 | TOPページへ | ウルトラマン 第16~20話 »

2012年08月15日

● 雑感(8月15日)


先月来、動物園から脱走したフラミンゴの捕獲話が時々ニュースで報じられている




フラミンゴフラミンゴ

フラミンゴフラミンゴ

フラミンゴフラミンゴ


たぶん、身体の自由が利けば何も考えずに撮影しに飛んでいった様な気がする。


でもね、今の私に紋別は同じ北海道とはいえ遠すぎる。


というか、身体がどうこうという理由以外に ふといろんな事を考えてしまい 写真を撮りに行くのは良くないな…と考える私も居る。


例えば、トキやホッキョクグマの様に絶滅危惧種の保護みたいな理由であれば意義のある事だと思うのだが、そういう類以外での「動物園」という存在に否定的な考えが強いんだな


動物は本来彼等の生息する自然の中で生活を保護するべきで 特に劣悪な環境の動物園で飼育される姿を見ると可哀相にしか見えないからだ。


で、フラミンゴだが…


この脱走したフラミンゴはヨーロッパフラミンゴという種らしいが、この種が北海道という自然環境に適しているのかどうか私には定かでは無い


基本的に在来種でない生物を解き放つ事が自然に与える環境変化の問題という意味でも重要とは思うので 一日も早い捕獲はいろんな意味で必要なんだろうとも思う


その為にも ただの興味本位だけの野次馬は百害あって一理の無い存在であり、興味本位で写真を撮りに行こう…なんて気にはならないわけだが、この記事冒頭に貼ったキャプのようにローカルニュースで報じられると私以上のアホが数え切れないぐらいに野次馬に出かけるんだろうな…なんて危惧する


が、実はそんな事はどうでもいい。


私は生まれてから今に至る人生の中で 一度だけ、肉眼で生のフラミンゴを見た事がある。


季節はちょうど今と同じお盆の時期で 小学生だった妹の夏休みの宿題のひとつに「夏休みの思い出」とかってタイトルで絵を描いてこいってのがあって その題材の為に一家4人で苫小牧市の郊外にその当時オープンしたばかりの「樽前ハイランド」という施設にドライブがてら遊びに行った時の事だ。


「樽前ハイランド」のメインアトラクションはゴーカートと数百羽のフラミンゴによるショーで その時に見たのが私にとっての最初で最後のフラミンゴ


その当時、巨人の王貞治(現・福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長)の一本足打法を「フラミンゴ打法」とも呼んでいたのだが 樽前ハイランドでフラミンゴの実物を見るまで どんな鳥かも知らないで「フラミンゴ凄ぇ」とか言ってたくせに 綺麗なピンク色の体色と独特のクチバシの形「こんな鳥が実際にいるんだ」と感動に近い気持ちになりつつも「これのどこが一本足打法?」と首を傾げたの事を今でもよく覚えている


妹にとってはアトラクションの後で 生きたフラミンゴ1羽と撮った写真(有料だったので 両親は私には撮らせてくれなかった。^^;)は終生の宝物で あまり写真を撮る意識の薄かった両親のおかげで 妹の幼い頃の数少ない写真として貴重な一枚なんだな


不思議な事に、妹が死んで今日に至るまでの間 考えてみれば私が「フラミンゴ」を耳目にしたのは機動戦士ガンダム(ファースト・ガンダム)でホワイトベースがジャブローから宇宙へと飛び立つシ-ンぐらいのもので さすがにその時はガンダムだから妹の事など思い出さなかったんだけど 今回は「お盆」という時期が作用したのか…


ふと、気になって調べてみたら 樽前ハイランドは1987年に経営不振のため休業との事で もう、25年も経つんだな。


1987年と言えばバブル景気に突入して間もない頃で 北海道内はリゾート建設がブームとなりトマムやサホロ、ルスツなどが大型リゾート施設として登場しだしたのが1985・6年頃からだから施設の老巧化とかと重なって乗り遅れちゃったのかな…


知人の話によると 跡地は今でも残っており、雑草が生い茂った中にゴーカートのコースの一部が残っていたりするそうな


すっかり忘れていた事なんだけど、思い出せば気になって見に行きたくなるし 見ればきっと何かを思い出して遠い目になったり、涙ぐんだりするんだろうけど きっと、樽前ハイランドの跡地ともなれば思い出すのは妹の事ばかりだろうから しばらくは行かないでおこうと思う


だって、たった1羽の逃げたフラミンゴのニュースを見ただけで 妹を思い出し、遠い目になっちゃう面倒臭い性格の私だって事を充分に自覚してるんだからね。


先程、この記事を自室でタイプしている私に嫁が


「ちょっと次女とスーパーに行ってくるから留守番お願いね あ、アナタ今晩何か食べたいものある?」


と、不意に問われて


「フラミンゴ」


と、無意識に応えてしまい それを聞いた嫁は一瞬表情を無にした後、それ以上私とは会話をしようとせず、何も無かったかの如く出かけていった。


おそらくは今頃、スーパーへ行く車の中で


「お父さん 今晩、フラミンゴ食べたいんだって」


と言う嫁に 次女が絶句しているはずだ。


今夜の晩御飯に どんな料理が出てくるのか今から楽しみだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2012年)』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。