« 雑感(8月15日) | TOPページへ | GTO 第7話 »

2012年08月15日

● ウルトラマン 第16~20話


WOWOWで放送が始まったハイビジョンリマスター版「ウルトラマン」第16~20話を見た。




ウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン


まず、第16話


ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン


第17話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン


第18話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン


第19話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン

ウルトラマン


第20話

ウルトラマンウルトラマン

ウルトラマン




このハイビジョンリマスター版を見るのがとても楽しい


今回の第16~20話の放送を見ていて 特に目をひかれたのは


第17話「無限へのパスポート」の中で「四次元怪獣 ブルトン」に対して自衛隊が攻撃を仕掛けるシーンなのだが


ウルトラマン


この攻撃機 どう見ても「F-4ファントム」なんだな


で、ちと調べてみると この第17話が放送されたのは資料によると1966年11月6日


興味深いのは この放送日の時点では まだ日本の航空自衛隊にはF-4は配備されていないという点


しかしながら、ちょうどこの年に「第2次F-X選定」が開始されF-4が最有力候補に挙げられていた事


それと、陸上自衛隊の方だが


ウルトラマン


沢山の戦車が地上から攻撃を仕掛けるシーンなのだが 手前に写っているのは当時の最新鋭戦車だった61式なんだけど 上の画、よく見ると奥の2両は61式では無い


ま、沢山の戦車がいるように見せる為 61式以外の模型を並べた…と見る向きもあるが、


ウルトラマン


別のシーンで瞬間的に映った上のカットを見た時に 個人的に「ほぅ」と思った


絶対にそうだと言い切りにくいのだが 上のカットの戦車ってシルエット的にM4A3E8シャーマンっぽい


これも、今では知る人ぞ知る話になってしまうんだけど ちょうどこの第17話がオンタイムで放送された頃、陸上自衛隊には


 ・ M24軽戦車(チャフィー)

 ・ M41軽戦車(ウォーカー・ブルドッグ)

 ・ M4A3E8中戦車(シャーマン)

 ・ 61式戦車


という風に戦車と呼ばれる車両が4タイプ存在した時期だ…というのを知っているだけでも相当の自衛隊マニアなのだが、もう少しマニアックな話を付加しておくと M4戦車ってのは第二次大戦における米軍の主力戦車として有名だから、プラモデルを作った人なんかは特徴的なボディのシルエットだけでM4と判別するんだけど、M4にはバリエーションが色々と存在しており 一般的にM4と呼ばれるタイプと この自衛隊に供与されたM4A3E8の外見上の大きな違いはM4は砲塔が真上から見下ろすと円形に近いのに対しM4A3E8は砲塔後部が四角く出っ張っている


そう、上のキャプは そんなM4A3E8の特徴にこだわっている風に見受けられる点


さすが、円谷だなぁ…と唸るばかりなんだな。


それと、別な視点で言えば


後のウルトラセブンではもっと色濃くなるのだが、子供向けの番組という意味合いだけでは無く 大人に対しても何らかのメッセージ性を含んだ脚本がある


と、以前の記事で述べた事があるが


第20話「恐怖のルート87」において登場した「高原竜ヒドラ」は「交通事故で死んだ少年達の化身」だとされ

ウルトラマン


国道87号線(架空)で轢き逃げされて死亡した少年の霊を背中に乗せて飛び去っていく


そうなんだよねぇ、この頃は交通事故が社会問題となり道路整備(特に歩道の整備とかスクールゾーン)につながったんだっけ…


ふと、そんな世相を思い出した。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『空想特撮シリーズ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。