« 幸運の壺 | TOPページへ | サマーレスキュー 第4話 »

2012年08月06日

● 空飛ぶ広報室


有川浩:著「空飛ぶ広報室」を読んだ。




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

幻冬舎 ISBN978-4-344-02217-1




そこそこボリュームのある本だが、一気に読めたし ところどころで泣けた。


自衛隊の内側から見たこの国のメディア観と それを自衛官達がどのように考えているかを実に巧く描けていると思う。


特に、CMのエピソードは筆舌に尽くしがたい


それと、本来は昨年発刊のはずだったが 最終章を付加する為に、今年の発刊になったそうだが その最終章を付加する意義はとても大きかったし、よくぞ書いてくれたと感謝もしたい。


個人的に陸海空それぞれに友人知人は多いが 三幕の違いに関して、特に空から見た陸海の認識はとても興味深かった。


この本は良書だと思う 特に、「中立公正なメディア」と自称する連中や 中途半端に自衛隊の事を判った様に語る輩に是非とも読んで欲しい一冊だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『航空自衛隊』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。