« 夕景2012 (1) | TOPページへ | 戦車の水中走行 訓練公開 »

2012年08月08日

● ロボジー


2012年に公開された映画「ロボジー」のDVDを入手したので見た。




ロボジー


「矢口史靖」が監督の映画なんで個人的に期待は大きかったのだが、見終えた感想を一言で言えば「こんなもんかなぁ」だ。


強烈に印象に残るシーンも台詞も無い 良い意味で言えば全編にわたり「ほのぼの」って感じ


そう、矢口史靖の映画は考えてみればどれも「ほのぼの」なので そういう意味では期待外れでは無いとも言える。


ま、あくまでも個人的に指摘しておきたいところとしては


ロボジー

ロボジー


ここは「吉高由里子」のパンツをクッキリと映してくれないとダメだろう… と。


少なくともこの点だけはちゃんとしていてくれさえすれば もっと楽しめたのにと残念に思う。


で、吉高由里子と言えば…


ちょっとこの「ロボジー」とは関係無い話になってしまうのだが、


ロボジー

ロボジー


半年ぐらい前からかな、私は個人的に「吉高由里子」に同情している。


それは「福田彩乃」とかいう女の子が「吉高由里子」や「ローラ」のモノマネでいろんな番組に出演するのを目にする様になったのだが、なんか福田彩乃のモノマネってたしかに似てるし巧いと思う反面 見る回数が増す毎にイライラするというか腹が立ってくる。


例えばなんだけど、「そういえば最近見かけないよね」とか「良い曲なんだけどしばらく聞かずに忘れていた」とか、それがモノマネがキッカケでリバイバルするように モノマネされる側にもなにがしかのプラスみたい作用が働くみたいな モノマネと本人の関係ってある意味「持ちつ持たれつ」みたいな相乗効果の様な関係みたいなのがあると思うんだ


が、「福田彩乃」のモノマネにはそれが殆ど感じられず 下手するとモノマネされた本人にですら不愉快に感じていきそうになる


最近は「綾瀬はるか」のモノマネも時々やっているようで それについてはどうでもいいが、こと吉高由里子に関しては同情めいた気持ちが増すばかりなんだな。


ロボジー


「西田尚美」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『矢口史靖』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。