« 新垣結衣 CM | TOPページへ | 寿歌 »

2012年07月18日

● 悪魔の手毬唄(古谷版) 再見


1977年に全6話ドラマシリーズとして放送された「悪魔の手毬唄(古谷版)」が先日BSで再放送されていたのを録画したので見た。




悪魔の手毬唄(古谷版)

悪魔の手毬唄(古谷版)

悪魔の手毬唄(古谷版)


あくまでも個人的意見だが、最近の「ミステリー」とか「サスペンス」とか いろんなものがごちゃ混ぜになっている「推理小説」の分野において 戦後間もない頃から確固たるジャンルとして存在しているのが ともすれば今では死語扱いみたいにされている「探偵小説」


まぁ、「探偵小説」と言えば ホームズや明智小五郎などの作品が児童文学向けみたいに思われている関係で「探偵小説」じたいをそのように誤解しているアホも少なくない様だけど そんなものは「金田一耕助」シリーズを読んでから言えるモンなら言ってみろと言いたい。


で、他の探偵小説と「金田一耕助」シリーズの趣で最も違う部分は何か?と問われれば、私は「金田一耕助シリーズは泣ける」と胸を張って応えるのだが、その「金田一耕助」シリーズの中で最も泣けたのが この「悪魔の手毬唄」なんだな。


未見の方には「是非、読め」と強く薦めたいのでネタバレは記さないが、この「悪魔の手毬唄」の物語には 少なくとも大きく泣ける二つの柱がある。


ゆえに、この「悪魔の手毬唄」の映像化されたものを見る場合 その二つの柱がどう描かれているかで私の評価は決まるのだ。




さて… 何度もこのクソブログのいろんな記事で述べてきた事だが、「悪魔の手毬唄」をTVドラマや映画へと映像化した物の中では 市川崑による映画が圧倒的に他の映像化作品よりも出来が良い。


で、この古谷一行によるTVドラマは単純に順位をつけるとしたら2番目の出来なのだが、残念ながら先述した二つの大きな柱に関しての描き方はどちらもダメ ただし、他の3位以下の作品よりも優れている点は


・話中に登場する「手毬唄」の扱いが市川崑の映画に次ぐクォリティの高さである事

・別所千恵子役に夏目雅子を起用した事


この2点がある。


で…、


悪魔の手毬唄(古谷版)

悪魔の手毬唄(古谷版)


この古谷一行版「悪魔の手毬唄」における「夏目雅子」の演技、存在感は絶品である。


あえて断っておくが、私は「夏目雅子」が故人だからとか、白血病で亡くなったから…とか、個人的にいろんな思い入れが…とかで神格化したように語るつもりは毛頭無い。


また、「夏目雅子」を語る時 多くの人は「鬼龍院花子の生涯」や「瀬戸内少年野球団」を引き合いに出して語るけど 私にとって「夏目雅子」と言えばこの古谷一行版「悪魔の手毬唄」が まず真っ先に思い浮かぶ


なので、良い機会だからあえて強調しておくと この古谷一行版「悪魔の手毬唄」を演じた時の夏目雅子は20歳 その事をどうか念頭に置いて興味のある方はこの映像を見ると良い


ちなみに、このクソブログで主に取り上げている「綾瀬はるか」は現在27歳 「長澤まさみ」は25歳 「相武紗季」は27歳 「石原さとみ」は26歳… 夏目雅子の20歳の演技がどれだけ凄かったかがよく判る。


悪魔の手毬唄(古谷版)


それと、最後にもうひとつ…


もし、興味が沸いて「悪魔の手毬唄」の原作をこれから読もうと思う人は 出来れば、「本陣殺人事件」を最初に読み、次に「獄門島」を読んでから この「悪魔の手毬唄」を読む事をお薦めする


その理由としては それぞれが独立した一話完結なので 内容的に順番とか繋がりは無いが、主要な人物として登場する「磯川警部」の人となりを知る上でその順番で読み進める事がベストだからだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『悪魔の手毬唄』関連の記事

コメント

夏目雅子さんの演技力はデビュー当時から晩年にいたるまで変わっていない気がします。渡し的には次代屋の女房のときの彼女が一番好き。(映画じゃなくて、あの映画に出ていた彼女)

金田一作品というと夏を舞台にしているっていう印象があります。特に原作ですが、この作品もそうですが、獄門島、八つ墓村。映画のロケの関係もあるのかも。
獄門島の離島の雰囲気は「孤島の鬼」と同じように、のんびりしたローカルな味わいがあると思います。

★ 支店長 さん

そう言われてみると 金田一で冬と言えば 本陣殺人事件と犬神家の一族ぐらいなのかな…


この夏はキンドルで横溝正史を読みました。老眼に電子書籍は意外に優しいのです。獄門島、八つ墓村に手鞠歌。中高生の時以来になるかもしれません。やはり面白いですねぇ。石坂版の映画もDVDで鑑賞、こちらも劇場以来でした。ラストシーンが絶品ですね。
 二つ、おやっと思ったことがありました。金田一が手紙を代筆したのが7日の夕方。仙人峠で例の人物とすれ違ったのが10日の夕方です。8日の集配で、神戸の本局へ届くのでしょうか。9日に手紙を受け取り、10日には来訪。早過ぎないか?っていう点。まぁ、風呂敷包み一つとはいえ・・・
 事件が終わった後、磯川警部は三週間の休暇を取って金田一と関西旅行するんですが、現役の警部さんがそんなに休暇を取れるものなのか?という夢もロマンもない疑問でした・・・(苦笑)
 

★ 支店長 さん

キンドル版は 角川の昔の版とところどころ意味不明に代えている部分のある書が何冊かあるそうです お気をつけを


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。