« 井上真央 in 情熱大陸(6月10日放送) | TOPページへ | マグマ 第1話 »

2012年06月14日

● Wの悲劇 最終幕


ドラマ「Wの悲劇」最終幕を録画で見た。




Wの悲劇


まぁ、最後まで見通したので総論的感想を記しておくと…


「Wの悲劇」を原作として何度も映像化が試みられたが その悉くが原作は二の次みたいな構成になるのはどういう事なんだろうね?


今回の物語は「双子」という設定を放り込む事で肉厚にしたかった様な気もするが アリバイの証明に使われた「花火大会の写真」 相手の男が誰かをとっとと調べればその時点で全容の大半は解明したはずで安易な作りこの上ない。


ゆえに、個人的には「剛力彩芽」の踊り見たさに見ていたが それも最初の数回だけで、後半に何かのキーパーソンとして再び登場する様な名残を漂わせたまま 結局、最後まで出てこなかったのは なんか騙された気分で腹立たしい


Wの悲劇


「松下由樹」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『松下由樹』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。