« 剛力彩芽 CM | TOPページへ | 平清盛 第22・23回 »

2012年06月12日

● US-2 in 千歳(6月12日)


前日飛来した海上自衛隊のUS-2 そのままステイしたとの事で翌日も撮ってみた




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


実際に目の当たりにして この機体の素晴らしさに感動した。


たぶん、どんなに文章で表現しても実際に目の当たりにしたこの機体のポテンシャルの凄さは伝える事が出来ないだろうけど感じた事をそのまま記すと…


海上や湖面で離着陸出来る飛行艇として 世界でもずば抜けたトップの性能もさる事ながら、陸上の飛行場において離着陸に要する距離の短さ 信じられない程の短距離を信じられない程の騒音の低さでこの大きさの機体がフワッと浮いていく姿に 滑走路の短さと騒音により離着陸出来る機体を制限され衰退の一途を辿る丘珠空港みたいな飛行場で たぶん楽に離着陸してくれるだろう可能性を何故注目しないのだろう?


海上保安庁もボンバルディアなんか使ってないで このUS-2こそ使うべき


離島や海岸線の町村においては 飛行艇での輸送路の確保であれば わざわざ飛行場を設けなくても充分に効果はあるんじゃないのかな? と。


大きめの旅客機はボーイングやエアバス 中型から小型の分野はボンバルディアやエンブラエル…という時勢は致し方無いとしても 日本は飛行艇の分野で活路をひらくべきなんじゃないかな


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海上自衛隊』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。