« 都市伝説の女 第8回 | TOPページへ | 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU (6月2日放送) »

2012年06月01日

● ハードロマンチッカー


2011年公開の映画「ハードロマンチッカー」のDVDを入手したので見た。




ハードロマンチッカー

ハードロマンチッカー

ハードロマンチッカー


見た感想を素直に記すと…


出演者リストに「真木よう子」の名前があったので取り寄せて入手したのだが、彼女の出演時間は限りなく少なく それを期待して買うとバカを見る。


内容的には若者のバイオレンスめいた喧嘩物なんだけど 主人公やその周囲の若者達の台詞や行動の所々に説得力が欠けており「なんだかなぁ」感だけが残る。


で、あえて一言余計な事を記しておくと…


この映画の監督は もしかしたら在日系の若者の不満めいた気持ちを描きたかった様な気もするが 過去のそういった系統の映画の殆どに言える事でもあるのだが、台詞や行動の端々に「僻み」みたいなものが常につきまとっている様にしか感じられないものばかりなんだよね


たしかにいろんな面で苦労なり迫害みたいな物があるのも(沢山あったのも)察するけど「~された」「俺達ばかりが~」みたいな事ばかり言ってる限り仲良くはなれないし、理解もしてもらえない事を気付く様な方向に在日の方々が気付く内容の映画を誰か作ってくれる事を願うばかりだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『真木よう子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。